お知らせ

【ggg】 特別公開対談 永井一正 vs 横尾忠則 「健康とデザイン―病の神様に見守られて―」 開催のお知らせ

2013年09月17日

ギンザ・グラフィック・ギャラリー特別公開対談
永井一正 vs 横尾忠則 「健康とデザイン―病の神様に見守られて―」

永井一正氏は、1951年にはじめてデザインを手掛けられてから約60年以上もの長い間、日本のグラフィックデザイン界を牽引され、第一線で活躍されてきました。これまでに、ポスター、版画を初め、マーク・CIやエディトリアル等をあわせると5000点以上もの作品を残されています。
今回の特別対談では、1960年代初め日本デザインセンター創立期より親交のある、画家横尾忠則氏(77歳)をお迎えし、今年84歳を迎えた永井一正氏にインタビューをしていただきます。
お二人とも幼少期より病弱で、現在に至るまで様々な病を経験されてきました。そんな体験話を皮切りに、お二人の知られざるプライベートな生活や健康法、さらには、生きる力やクリエイティブの源泉をお話いただきます。

*「われわれは病気を悪魔のように考えているが、場合によっては神と呼ばれたって不思議でないご利益だってあったのではないだろうか」(『病の神様』横尾忠則著より)


■日時: 2013年10月7日(月)14:30-16:30

■出演: 永井一正、横尾忠則

■場所: DNP銀座ビル3階(中央区銀座7−7−2)

■入場無料 要予約 定員50名  
 予約のお申込はお電話にて受け付けます。 03-3571-5206(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
 予約申込期間:9月18日(水)〜28日(土)/10月4日(金)〜7日(月)
 申込受付時間:月〜金曜日=11:00〜19:00 土曜日=11:00〜18:00
※9月29日〜10月3日は電話対応できませんので予めご了承ください。