展覧会アーカイブ

開催日から検索

月〜

展示会場から検索

作家から検索

キーワードから検索

展覧会情報

日比谷図書文化館特別展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー共同企画) 祖父江慎+コズフィッシュ展 ブックデザイ

2016年01月23日(土)〜03月23日(水)

デザイン:祖父江慎
デザイン:祖父江慎
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
館内改装のため閉館中のギンザ・グラフィック・ギャラリー。2016年は千代田区立日比谷図書文化館に場所を移して「祖父江慎+コズフィッシュ展:ブックデザイ」で幕開けです。

ブックデザインの第一人者である祖父江慎氏は、その独特な感性と鍛え抜かれたデザイン力により常に私たちの意表を突く作品を世に送り出してきました。本の中身・内容をいかに伝え、読者に訴え得るか、あるいはそこに意図的なデザインを感じさせることなく自然に読み進めることができるかが装丁やブックデザインの基本ですが、創造力あふれるデザインがその本の世界をより魅力的に語ることがあります。
本展では祖父江氏と氏が主宰するコズフィッシュのブックデザインを通して、フィジカルな「本」の魅力を探ります。スマートフォンやタブレット、電子書籍リーダーといったデジタルデバイスの登場によりすっかり様変わりした感のある私たちの読書環境。そんな中、本がどのように作られるのか、そのプロセスを追いながら、紙の本だからこその表現を求めて1冊に込められる情熱に迫ります。
アイデア・プラン出しから始まってそれらを実現するための試行錯誤を、本に使われる紙や本の構造、印刷方法から製本まで、実際にデザインした本を例に盛りだくさんでお届けします。また多くの日本人に馴染みのある夏目漱石『心』『吾輩ハ猫デアル』新装版の制作プロセスを細かく紹介。『心』装丁のために漱石自身が描いた装画や初版本のゲラなど、貴重な漱石自筆作品も展示されます。
「うまくいかない喜び」を軸に展開される祖父江慎+コズフィッシュのデザインワールドへようこそ!

会期

2016年1月23日(土)−3月23日(水)※期間中展示替あり
前期「cozf編」=1月23日−2月14日
後期「ish編」=2月16日−3月23日
前期には漱石『心』の自筆装画がお目見え。
後期では現在制作進行中の『吾輩ハ猫デアル』の秘密があかされます!
2月15日、3月21日休館
10:00am−8:00pm(土曜日は7:00pm、日曜・祝日は5:00pmまで)

会場

千代田区立日比谷図書文化館1F特別展示室
〒100-0012東京都千代田区日比谷公園1-4 tel 03-3502-3340(代) http://hibiyal.jp
特別展観覧料:一般300円 大学・高校生200円
千代田区民・中学生以下、障害者手帳をお持ちの方および付添の方1名は無料

主催/共催

千代田区立日比谷図書文化館/
公益財団法人DNP文化振興財団

関連イベント

【祖父江慎さんと行く大日本印刷工場見学】
2016年2月2日(火)
参加費:無料(現地までの交通費は各自負担) 定員:30名(要予約・先着順)

書籍印刷を専門とする大日本印刷白岡工場と大口製本を見学します。
書籍がどのように印刷され製本されるのか、その現場に足を踏み入れ直に見ることができます。
しかも印刷に精通した祖父江さんと一緒! この機会をお見逃しなく!

スケジュール(時間は前後する場合があります)
13:00 JR宇都宮線 白岡駅 西口集合
バスにて大日本印刷白岡工場へ
13:30 白岡工場見学
14:30 バスにて大口製本へ移動
15:30 大口製本印刷見学
16:30 バスにて東武東上線みずほ台駅へ
17:00 解散

※終了

【対談「造本あれこれそれ話」】
出演:祖父江慎+白井敬尚(グラフィックデザイナー)
2月18日(木) 6:30-8:00pm
【鼎談「漱石本制作の舞台裏」】
出演:祖父江慎+渡部朝香(岩波書店単行本編集部)+前田耕作(同製作部)
3月10日(木) 6:30-8:00pm
会場:日比谷図書文化館地下1階コンベンションホール(大ホール)
参加費500円 要予約 定員200名(先着順)
お申込は日比谷図書文化館へ電話(03-3502-3340)・Eメール(college@hibiyal.jp)・ご来館(1階受付)のいずれか

※終了

祖父江 慎 Shin SOBUE

グラフィックデザイナー。コズフィッシュ代表。1959年愛知県生まれ。多摩美術大学に入学するが、杉浦康平に憧れ、在学中の1981年から工作舎でアルバイトを始め、大学中退。在学中は漫画研究会に所属、先輩にしりあがり寿、喜国雅彦がいた。1987年工作舎退社。秋元康が設立した株式会社フォーセールでアートディレクターを務め、1988年独立。1990年コズフィッシュ設立。人文書、小説、漫画などの書籍の装丁やデザインを幅広く手がける。吉田戦車の漫画本をはじめとして、意図的な乱丁や斜めの断裁など、装丁の常識を覆すデザインで注目を集める。近年、「スヌーピー展」「エヴァンゲリオン展」「ゲゲゲ展」「ゴーゴーミッフィー展」など、
展覧会のグラフィック、アートディレクションを手がけることも多く、展覧会グッズでは独特の感性を爆発させたユニークな商品を開発している。

■お問い合わせ
ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:尾澤 tel. 03-5568-8028