展覧会アーカイブ

開催日から検索

月〜

展示会場から検索

作家から検索

キーワードから検索

展覧会情報

dddギャラリー第191回企画展 [デー デー デー ジー]グルーヴィジョンズ展

2013年03月12日(火)〜04月26日(金)

[デーデーデージー]グルーヴィジョンズ展の告知ポスター
[デーデーデージー]グルーヴィジョンズ展の告知ポスター
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
国内外のクリエイティブ、カルチャーシーンにおいて常に話題を集め続けてきたデザインスタジオ、グルーヴィジョンズ(GROOVISIONS)。
今回の展覧会では、「色」をキーワードに、国内外の現代美術の展覧会などに出品されてきたオリジナルキャラクターのchappieをはじめ、数多くの音楽のためのグラフィックワーク、パッケージデザイン、雑誌のアートディレクションやエディトリアルデザイン、モーショングラフィック、様々なブランドのVI、CIなど彼らの多岐にわたるデザインワークを実験的なインスタレーションでご紹介します。
グルーヴィジョンズ独特の普遍性とオリジナリティ、新しさとユーモアを体感するパワフルな展覧会「デー デー デー ジー」。ぜひお楽しみください。

ギャラリートーク

日時:2013年3月12日(火) 16:00-17:30
出演:谷口純弘(DMO ARTS)
    ミルクマン斉藤(映画評論家、GROOVISIONS)
    伊藤弘(GROOVISIONS代表)
会場:なんばSSビル
入場無料、要予約、定員70名

2月28日(木)11時よりギャラリートークを受付開始します。
参加ご希望の方は、こちらからお申込み下さい。

オープニングパーティ

日時:2013年3月12日(火) 17:30-19:00
会場:dddギャラリー

GROOVISIONS グルーヴィジョンズ

1993年に京都で設立。PIZZICATO FIVEのステージビジュアルなどを中心に活動。1997年に拠点を東京に移動。以来、デザインスタジオとしてグラフィックとモーショングラフィックを中心に、様々な領域、クライアントのデザインを手がけている。
主な活動としてはリップスライム、FPMなどのCDパッケージやPVのディレクション、100%ChocolateCafe.や西日本シティ銀行ALLINONEをはじめとする様々なブランドのVI、JTのCasterをはじめとするパッケージデザイン、広告批評、Metro Min.などのエディトリアルデザイン、メゾンエルメスのウインドウやノースフェイス展、イームズ・デザイン展などの展覧会のディレクション、NIKE、EXPO 2005 AICHI JAPAN 愛・地球博や農林水産省などのモーショングラフィックなどがあげられる。1994年にオリジナルキャラクターchappieを開発。1999年に3枚のシングル、1枚のアルバムを発表し、京都高島屋、NTT DoCoMo、富士フイルム、JTBなどのブランドイメージキャラクターとして活動する。
主な作品集として、「groovisions van lines」(光琳社)、「GRV2000」(BNN新社)、「GAS BOOK 01 "GROOVISIONS"」(ガスアズインターフェイス, BNN新社)、「GAS DVD "GRV1778"」(ガスアズインターフェイス、ナウオンメディア)、「GRV2283/GRV2284」(monitor)、「©COPYRIGHT」(パルコ出版)、「GROOVISIONS MGR」(パルコ出版)、「gggBooks−98 グルーヴィジョンズ」などがあげられる。
主な展覧会として、「GROOVISIONS RHYTHM ACE」(渋谷パルコ、東京)、「©COPYRIGHT」(パルコギャラリー 、東京)、「GROOVISIONS in Paris」(collete、Paris)、「スーパーフラット展」(パルコギャラリー、東京/The Museum of Contemporary Art、Los Angeles)、「ぬりえ展」(Fondation Cartier pour l'art contemporain、Paris)、「SOMEWHERE BETTER THAN THIS PLACE」(Contemporary Arts Center、Cincinnati)、「GROOVISIONS HKG」(Hong Kong Arts Centre、 Hong Kong), 「GROOVISIONS SIN」(The National Museum of Singapore、Singapore)、「GROOVISIONS FUK」(三菱地所アルティアム、福岡)、「[ジー ジー ジー ジー]グルーヴィジョンズ展」(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、東京)、「GROOVISIONS KITA 2011」(Loft Forum+DMO ARTS、大阪)、「groovisions Lesson 2012」(ポーラ ミュージアム アネックス、東京)などがあげられる。