展覧会情報

第315回企画展 横尾忠則 初のブックデザイン展

2012年11月01日(木)〜11月27日(火)

design: tadanori yokoo
design: tadanori yokoo
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
1960年代、70年代と、グラフィックデザイナー、イラストレーターとしてその強烈過ぎる個性を思う存分に振りまいた横尾忠則。81年に画家に転向してからも重層な世界観は変わらず、国際的にはますます活動の幅、拠点ともに拡げていきました。誰にも真似ることのできない「横尾忠則」という唯一無二の存在。2010年代のいまも創作意欲が衰えることはなく、貪欲なまでに、しかしごく自然体で、未知なる世界に挑み続けています。
ポスター、絵画と多作な横尾氏の作品は、これまでにも国内外で展覧会という形で披露されてきましたが、今回ギンザ・グラフィック・ギャラリーでは、横尾氏がデザインした本や雑誌にフォーカスします。本の中身を強烈に印象づける装幀や、書き文字が躍る雑誌表紙など、奔放とも思える横尾デザインも、実は確固たるグラフィックデザインやタイポグラフィの礎の上に成り立っており、造本のあらゆる側面が実に緻密に計算されて、創りあげられます。
本展では横尾氏によるブックデザインの妙技を、完成された本のほか、アイデアスケッチ、版下、指定紙、校正刷りなどとともに紹介します。
手にとって、間近でじっくり楽しむ本の中に繰り広げられる横尾コスモス。ページから溢れ出んとするエネルギーを感じることのできる、横尾氏初のブックデザイン展となります。

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
tel 03.3571.5206  
11:00am−7:00pm(土曜日は6:00pmまで) 
日曜・祝日休館
入場無料

ギャラリートーク

11月7日(水)4:00−5:30pm
出演:横尾忠則+南嶌宏(美術評論家、女子美術大学教授)
会場:DNP銀座ビル3F 
入場無料/要予約/定員70名

※定員に達したため、お申込み終了させていただきました。

■「横尾忠則 初のブックデザイン展」のギャラリートークはUstreamにてライブ中継いたします。
来場できない方もぜひお楽しみください。

Ustreamはこちら:
番組名:ggg「横尾忠則展」ギャラリートーク
gggURL: http://www.ustream.tv/channel/gggtalk-yokoo

※配信中、映像や音声が途切れたりする可能性がございます。
 あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

略歴

横尾忠則(よこお・ただのり):
1936年兵庫県生まれ。美術家。
1960年代よりグラフィックデザイナーとして活躍し、72年にはニューヨーク近代美術館で個展を開催するなど国際的に活躍。81年に画家に転向し、その後もパリ、ベネチア、サンパウロなど世界各国のビエンナーレに招待出品。国内外の美術館で多数の個展を開催し、海外でも高い評価を得ている。2000年ニューヨークADC殿堂入り、紫綬褒章受章、朝日賞など受賞・受章多数。作品はニューヨーク近代美術館、ボストン美術館などをはじめ国内外の主要美術館に収蔵されている。
オフィシャルホームページ http://www.tadanoriyokoo.com

横尾忠則オリジナルグッズ販売@MMF


gggに隣接する メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス(MMF) 2階にて、ポスターや版画を含む、150種類におよぶ横尾忠則オリジナルグッズを販売中です。
太陽のイラストが強烈な印象を残すインターフレックス・ソーラーウォッチ。本展を記念しての特別価格でご提供しています。
gggご来館の機会にぜひお立ち寄りください。

お問い合わせ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:尾澤 tel. 03.3571.5206