展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第369回企画展 日本のアートディレクション展 2018

2018年10月29日(月)〜11月22日(木)

  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
日本のアートディレクション展 2018は、昨年までADC展として開催されていた、当ギャラリー恒例の企画で、広告・デザイン界で注目されているイベントのひとつです。今年より名称がかわり、日本のアートディレクション展 2018となりました。ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は1952年に設立、日本を代表するアートディレクター80名により構成されています。
この全会員が審査員となって行われる年次公募展が日本のアートディレクション展 2018で、ここで選出されるADC賞は、日本の広告やグラフィックデザインの先端の動向を反映する賞として、国内外の注目を集めています。
今年度も、2017年5月から2018年4月までの一年間に発表、使用、掲載された約8,000点の作品の応募があり、ADC会員の3日間にわたる厳正な審査により、受賞作品と年鑑収録作品が選出されました。
ここで選び抜かれた受賞作品、優秀作品を、『Art Direction Japan/ 日本のアートディレクション 2018』刊行に先駆け、ggg[会員作品]とG8[一般作品]の2つの会場でご紹介いたします。

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg) [会員作品]
2018年10月29日(月)−11月22日(木)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル tel. 03 3571 5206
11:00a.m.−7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料
 
クリエイションギャラリーG8 (G8) [一般作品]
2018年10月29日(月)−11月22日(木)
〒104-8001 中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F tel. 03 6835 2260
11:00a.m.−7:00p.m. 日・祝日休館 入場無料

ギャラリートーク

日時:11月19日(月)18:30〜20:00
出演:大貫卓也、服部一成、中村至男、吉田ユニ ※敬称略
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 先着70名

※申し込み開始までしばらくお待ちください

巡回

市立小諸高原美術館・白鳥映雪館(長野県小諸市)
2019年1月6日(日)−2月17日(日)

学びの杜ののいちカレード(石川県野々市市)
2019年4月4日(木)−5月7日(火)

構成

東京アートディレクターズクラブ

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:柳本 tel.03.3571.5206