展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第371回企画展 ポーラ・シェア:Serious Play

2019年02月04日(月)〜03月25日(月)

Design: Paula Scher
Design: Paula Scher
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
ギンザ・グラフィック・ギャラリーの2‐3月は、ニューヨークを舞台に数々のエポック的なデザインを生み出してきたポーラ・シェアの展覧会を開催いたします。
シェアは、1970年代のデビュー当初から音楽業界でその頭角を現し、鮮烈な印象を与えるアルバム・カバーの数々を世に送りだしました。その後、世界最大級のデザイン会社ペンタグラムの一員となり、ニューヨーク中に旋風を巻き起こすこととなるザ・パブリック・シアターの仕事をはじめ、広告、ロゴデザイン、環境デザインなど、質量共に充実した実績を残してきました。シティバンクのロゴ、ハイラインの案内表示、野外シェイクスピア劇やジャズライブ劇場のVIなど、今現在でもマンハッタンの街を少し歩くだけで、驚くほどあちらこちらでシェアのデザインワークに出くわします。
本題Serious Play (シリアス・プレイ) −[本気]の[遊び]は、シェアにとってまさしくデザイナーとしての目標のような言葉です。本気⇒まじめ⇒ありきたり⇒死ぬほど退屈⇒再発見がシェアの仕事のサイクル。つまり、[本気]が[まじめ]に移行した時点で[遊び]が消えてしまい、次の境地を探す旅がまたはじまるのです。
本展では、傑出したポスター作品をはじめ、ロゴデザイン、空間デザイン、ブックデザイン他、充実したキャリアのなかでもエポック的な仕事に焦点をあて、ご紹介します。また、20年ほど前から取り組んでいる一連の地図アートから選出した16作品により、シェアの創作世界のもうひとつの魅力を明らかにします。
 

お知らせ

会場

〒104-0061
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
TEL:03.3571.5206/FAX:03.3289.1389
開館時間:11:00am-7:00pm
休館:日曜・祝日 入場無料

監修・会場構成

矢萩喜從郎

ギャラリートーク

日時: 2月4日(月) 4:00-5:30pm
出演:ポーラ・シェア
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*終了いたしました。

youtube配信中
https://youtu.be/yRLDZpvlU0s
 

オープニングパーティ

日時:2月4日(月)5:30-7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー + DNP銀座ビル2F
 

ポーラ・シェア

世界有数の名声を博しているグラフィックデザイナー。
1991年以降、国際的に高く評価されているデザイン会社、ペンタグラムのニューヨーク・オフィスのプリンシパルを務め、アイデンティティならびにブランディング・システム、環境グラフィックス、パッケージ、そして刊行物のデザインを シティバンク、マイクロソフト、ブルームバーグ、シェイクシャック、ニューヨーク近代美術館 (MoMA), ティファニー、 ハイライン公園、ザ・パブリック・シアター、メトロポリタン美術館の他、多くのクライアントのために手がけてきた。
現在までの受賞歴はコミュニケーション・デザインでナショナル・デザイン・アワード、AIGA メダル、クライスラー・アワード・フォー・イノベーション・イン・デザインを含む数百件を数える。世界的に活躍するアーティストでもあり、MoMA、 クーパー・ヒューイット国立デザイン美術館、アメリカ議会図書館、ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館をはじめとする美術館などのコレクションに作品が収蔵されている。
著書は 『Make It Bigger』( Princeton Architectural Press, 2002)、『MAPS』( Princeton Architectural Press, 2011)、『Works』(Unit Editions, 2017)。タイラー・スクール・オブ・アートより美術学士を取得、コーコラン・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン、メリーランド・インスティテュート・カレッジ・オブ・アートおよびムーア・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインより名誉博士号を授与されている。Netflix 制作のドキュメンタリー・シリーズ『アート・オブ・デザイン』( 原題・Abstract: The Art of Design)で、その人となりが紹介されている。
 

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 高木 03.3571.5206