展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第375回企画展 Sculptural Type コントラプンクト

2019年08月30日(金)〜10月12日(土)

Design: Kontrapunkt
Design: Kontrapunkt
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
ギンザ・グラフィック・ギャラリーでは「Sculptural Type」と題して、2001年以来2度目の登場となるデンマークのデザイン会社、コントラプンクトの展覧会を開催いたします。
これまでに多数の企業のオリジナルのタイプデザインを手がけてきたKontrapunkt(コントラプンクト)。「私たちにとって、タイプ(書体)デザインは彫刻のように物語る一つの形であり、しかもそのストーリーはここで終わるのではありません」とコントラプンクトのボー・リネマンは語ります。
彼らが手がけた10のプロジェクトを紹介する今回の展覧会を通じて、今一度、書体に対する見方を考え直し、日々それとなく使っているタイプデザインに違った見方ができるようになり、一人一人がタイプデザインを見直す機会になればと思っています。

 

お知らせ

会場

〒104-0061
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
TEL:03-3571-5206/FAX:03-3289-1389
11:00am-7:00pm
日曜・祝日休館/入場料無料

ギャラリートーク

日時:8月30日(金)4:00−5:30pm
出演:ボー・リネマン
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名

お申込みはこちらから
※8月10日(土)11:00より受付開始です

オープニングパーティ

日時:8月30日(金)5:30−7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー

後援

デンマーク大使館

コントラプンクト

北欧のリーディングデザインエージェンシー。35年の歴史の中で、政府機関、インフラ、NGO、文化団体から大企業に至るまで、多数のブランディングを手がける。世界中のデザイン賞も多数受賞。グラフィックデザインから、空間デザイン、タイポグラフィ、デジタルと多岐にわたるエリアのデザインでブランディングを一貫して手がけている。
2015年には日本法人も設立。機能美がありつつ、心の琴線に触れるデザインを基本とし、国境や文化を超え、時を超えるようなデザインを得意とし、日本の企業のブランディングデザインも多数手がける。

 

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 柳本 03.3571.5206