展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第377回企画展 動きの中の思索―カール・ゲルストナー

2019年11月28日(木)〜01月18日(土)

Design: Kijuro Yahagi
Design: Kijuro Yahagi
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の11月は、スイスを代表するグラフィックデザイナー、カール・ゲルストナーの日本初となる個展を開催いたします。
1965年、日本のデザイン胎動期に、若手デザイナー11名による展覧会「ペルソナ」が松屋銀座で開催されました。永井一正、田中一光、福田繁雄、横尾忠則他、当時30歳前後の若さで活躍していたグラフィックデザイナーたちの仕事を紹介し、1週間の会期中35,000人もの入場者がありましたが、この展覧会に招聘された海外ゲスト4名のうちの一人がカール・ゲルストナーでした。
本展では、その伝説的な展覧会から半世紀を経た今、改めてこの人物の業績に焦点をあて、ゲルストナーとは一体何者であったのか、豊富な作品や資料を通して紐解いてみたいと思います。
今現在も古びることのない洗練された広告デザイン25点、傑作ポスター9点をはじめ、CI構築のプロセスや、1964年にゲルストナーが上梓した『デザイ二ング・プログラム』の全貌をご紹介いたします。また、氏がデザインと並行して取り組んだアート作品にも着目し、デザイナー、そしてアーティストとしてのゲルストナーの思考に迫ります。
 

お知らせ

会場

〒104-0061
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
TEL:03.3571.5206/FAX:03.3289.1389
開館時間:11:00am-7:00pm
休館:日曜・祝日・12月27日(金)−1月6日(月)/ 入場無料

協力

スイス国立図書館、ミュリエル・ゲルストナー、チューリッヒ造形美術館、
ラース・ミュラー、ハッチェ・カンツ出版社

後援

在日スイス大使館

監修・会場構成

矢萩喜從郎

ギャラリートーク

日時:11月28日(木) 4:00pm−5:30pm
出演:スザンヌ・ビエリ(スイス国立図書館 プリント&ドローイング部門長)
会場:DNP銀座ビル3F
入場無料 要予約 定員70名
*参加ご希望の方は、11月5日(火)11:00より、こちらからお申込ください。

オープニングパーティ

日時:11月28日(木) 5:30pm−7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー+DNP銀座ビル2F
 

カール・ゲルストナー (1930-2017 / スイス・バーゼル)

1945年から1948年にかけて、フリッツ・ビューラー・スタジオにて見習いとして研鑚を積むかたわら、アルゲマイネ・ゲヴェルベシューレ・バーゼル(バーゼル工芸学校)でエミール・ルーダーとアルミン・ホフマンに師事。1949年、マックス・シュミットの求めに応じて医薬品メーカー、ガイギー社の著名なデザインチームの一員となり、そこでコピーライター兼編集者のマルクス・クッターと出会う。1959年に彼らは広告代理店ゲルストナー+クッターを設立。1963年、建築家パウル・グレディンガーを迎え、社名をGGK (ゲルストナー グレディンガー クッター)と改め、ヨーロッパ有数の成功を収めるが、1970年、ゲルストナーはアートと厳選されたデザインプロジェクトに専念するため、同社を離れる。
カール・ゲルストナーは、スイスのタイポグラフィとグラフィックデザインに大きな影響を与えた。また、アーティストとして体系的な色彩とフォルムの言語を構築し、芸術と日常生活の関連づけと、環境の機能的かつ美的なデザインを訴え続けた。 https://karlgerstner.ch/

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 高木 03.3571.5206