展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第379回企画展 TDC 2020

2020年04月03日(金)〜04月28日(火)

designer:Sven Lindhorst-Emme (Germany)
designer:Sven Lindhorst-Emme (Germany)
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
東京TDC賞の成果を見ていただくTDC展。今年も数々の新鮮な話題とともに開催いたします。

数多くのハイファッション・ブランドとのコラボで世界でも傑出した存在、M/M(Paris)が、ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼの新しいロゴ・VI・タイプフェイスの仕事で今年のグランプリを受賞。ほかに、AIによるブックデザイン、19世紀の代表的ディスプレイ・タイプフェイスのデジタル再構成、ジョナサン・エレリーとローレンス・ウェイナーのやりとりから生まれたアーティストブック、コムデギャルソンのショーのために作曲したオノセイゲンの作品のアルバムとポスター、デザイナー自身が責任編集する雑誌『球体』第8号、内容の意味を維持しながらスムーズなアニメーションをつけてテキストがオンデマンドで自動的に作成されるイノベーション、陶芸家マグダレン・オドゥンドの作品集、北京で開催され話題となった高田唯個展のグラフィック、デザイン上の中国語の文字サイズを研究する展覧会からの映像作品、女性の魅力を称える大判の本とオリジナルタイプフェイス、「仁者乐山」4つの漢字の言葉の意味を伝えるポスター。

これら受賞12作品とノミネート作品を中心に、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。
今年は勝どきの「バタフライ・ストローク」を第二会場に見応えが倍増します。ぜひご来場ください。

*TDC展2020 ポスターデザイン= Sven Lindhorst-Emme (Germany)

お知らせ

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
TEL: 03.3571.5206/FAX:03.3289.1389
開館時間:11:00am-7:00pm
休館:日曜・祝日 / 入場無料

※展示第2会場として@btf(バタフライ・ストローク・株式會社)をご案内しておりましたが、中止となりました。
 詳細はTOPページ、お知らせをご覧ください。
 

【中止】 授賞式+オープニング

新型コロナウイルス感染症をめぐる問題を受け、
4月3日(金)に予定しておりました授賞式ならびにオープニングパーティの開催を中止とさせていただきます。
何卒ご了承ください。(2020.3.11)

デザインフォーラム 「TDC DAY 2020」 【情報変更:3月11日】

新型コロナウイルス感染症をめぐる問題を受け、オーディエンスを迎えての開催は断念することとなりました。
今年はかたちを変えて、 海外の受賞者にもご協力いただき、みなさまに有意義なデザイン作品のコンテンツをお届けいたします。
詳細は、gggならびにTDCのwebsite、SNS等からの情報をお待ちください。


受賞作品を中心とした受賞者による講演。凝縮の内容、多岐にわたるデザインアイデア、マインド、手法との出会い。
日時:4月4日(土)13:30−17:30(予定)
主催:東京タイプディレクターズクラブ
共催:公益財団法人DNP文化振興財団
★詳細は東京TDCサイトにて順次アップデートいたします → www.tokyotypedirectorsclub.org
お問合せ=東京TDC事務局contact@tokyotypedirectorsclub.org

お問合せ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 須山  03.3571.5206

TDC2020受賞作品

【グランプリ】
Michael Amzalag + Mathias Augustyniak, M/M(Paris) (フランス)
「Galeries Lafayette Champs Élysées」
*ギャラリー・ラファイエット・シャンゼリゼの新しいロゴ・VI・タイプフェイス。
(Client: Galeries Lafayette Champs Élysées)
 
【RGB賞】
Karen ann Donnachie + Andy Simionato (オーストラリア)
「The Library of Nonhuman Books」
*AIが本の全ページを読み取り、解釈し、装飾した結果を自動的にインターネット印刷で出版するプロジェクト。
(Client: Atomic Activity Books)
 
【タイプデザイン賞】
Pierre Pané-Farré  (ドイツ)
「Affichen-Schriften FSL」
*ポスターデザインの興隆期19世紀の代表的ディスプレイ・タイプフェイス4種類をデジタル処理で再構成したタイプデザイン。
(Client: Forgotten Shapes)
 
【ブックデザイン賞】
Jonathan Ellery + Lawrence Weiner  (イギリス・アメリカ)
「HERE IT IS HERE IT AINT」
*二人の著名なアーティスト、J.エレリーとL.ウェイナーの創造力溢れるやりとりから生まれたアーティストブック。
(Client: Browns Editions)
 
【特別賞】
井上 嗣也
「COMME des GARÇONS SEIGEN ONO /CDG Fragmentation SEIGEN ONO」
*オノセイゲンがコムデギャルソンのショーのために作曲した作品のアルバム・ジャケットとポスター。
(Client: 日本コロムビア
 
立花 文穂
「球 体 8/STATION TO STATION」
*創刊から13年目、自身が責任編集する雑誌第8号。
(Client: 球体編集)
 
 【TDC賞】
Akiem Helmling + Sami Kortemäki + Bas Jacobs, Underware (オランダ)
「Grammatography」
*内容の意味を維持しながらスムーズなアニメーションをつけてテキストがオンデマンドで自動的に作成されるイノベーション。
 (Client: Self initiated type technological development)
 
OK-RM (Oliver Knight + Rory McGrath) (イギリス)
「The Journey of Things: Magdalene Odundo」
*2019年春の同名の展覧会にあわせ出版された陶芸家マグダレン・オドゥンドの作品集。
(Client: InOtherWords / The Hepworth WakefieldType Design)
 
高田 唯
「一花一日:高田唯北京展」
*2019年に北京で開催され話題となった個展のポスター。
(Client: NEUE DESIGN EXHIBITION PROJECT)
 
Mei Shuzhi + Lian Jie + Li Xibin  (中国) 
「Big, or Small  RGB」
* デザイン上の中国語の文字のサイズを研究する展覧会の展示作品。英語から中国語へGoogle翻訳アプリが翻訳を実行する瞬間を捉えた映像。
(Client: MLX)
 
Panos Vassiliou + Manos Daskalakis (ギリシャ)
「Marlet AntiManifesto」
*G.トゥーンベリがいる、フェミニストポルノ監督も ― 女性の知恵を表すデータと言葉で満たされた女性の魅力を称える本、オリジナルタイプフェイス「PF Marlet」使用。
(Client: Parachute Typefoundry)
 
Li Xibin + Liu Yutong  (中国)
「the benevolent enjoy mountains “仁者乐山” 」 
*4つの漢字「仁者乐山(仁者は山を楽しむ)」をグラフィック表示に転換し、言葉の意味を伝えるポスター。
(Client: FounderType)


★日本を含む34カ国、2,783点の応募から12の受賞作品が選出されました。グランプリ以外はすべて同格です。