展覧会情報

京都dddギャラリー第224回企画展 Design ZOO: いのち・ときめき・デザイン展

2020年01月18日(土)〜03月21日(土)

Designed by Osamu Takeuchi
Designed by Osamu Takeuchi
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
動物園は「自然の窓」。自然を知り、学び、考え、国の文化を現すさまざまな教育の場としての動物園。動物園は、子どもが取りこぼしのない最高水準の教育を受けられる場であり、ボトムアップからの環境教育に貢献できる資源豊かなビジュアルフィールド。本展では、数多くの動植物園のグラフィックデザインに携わってきた嵯峨美術大学教授の池田泰子の知見を通して、現地体験とリンクする“身近で新鮮な”グラフィックへの扉を開きます。『京都市動物園』をイメージした生物多様性保全を学ぶシンボルツリー、ギャラリー内を持ち歩ける動植物由来の素材が入った万華鏡、動物の実際のサイズを体感できる飛び出すサイン、動物たちの生息域を学ぶジオラマ、生態系を感じるゲームといった作品が嵯峨美術大学のプロジェクトによって、「Design ZOO」として京都dddギャラリーに現出します。

ギャラリートーク

日時 1月18日(土)15:30-17:00
出演 大森正夫(嵯峨美術大学教授)、池田泰子(嵯峨美術大学教授)、竹内オサム(嵯峨美術大学准教授)、坂本秀房(京都市動物園副園長)、田中正之(生き物・学び・研究センター所長)
会場 京都dddギャラリー
入場無料、要予約、定員40名
※準備が整い次第、受付を開始します。

オープニングパーティ

日時 1月18日(土)17:00-18:00
会場 京都dddギャラリー
 

ワークショップ

京都の植物、ぎゅっと詰めて、キラキラ万華鏡ワークショップ
日時 2月1日(土)10:30-16:00
講師 池田泰子(嵯峨美術大学教授)
会場 京都dddギャラリー
対象 幼稚園以上〜大人(小学2年生以下は保護者同伴)
定員 30名(予約不要)
参加費 500円
入場無料、要予約、定員40名


自分だけの森を作る ジオラマ模型ワークショップ
お話を聞きながら、アジアゾウのふるさとのジオラマ模型を作ろう!
日時 3月15日(日)
         1回目 10:15-12:30  2回目 14:00-16:15
講師 池田泰子(嵯峨美術大学教授)、坂本英房(京都市動物園副園長)
会場 京都dddギャラリー
対象 小学生以上〜大人(小学1・2年生は保護者同伴)
持ち物 水彩絵の具用の筆
定員 各回15名
※参加ご希望の方は3月7日までにホームページよりお申込みください。
※準備が整い次第、受付を開始します。
 

主催

公益財団法人DNP文化振興財団
嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学

協力

京都市動物園

会場・開館時間

〒616‒8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL: 075-871-1480   FAX: 075-871-1267
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分、嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅 徒歩5分、市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車
駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。

開館時間11:00−19:00 ※土曜日と3月15日(日)は18:00まで
日曜・祝日休館 ※特別開館3月15日(日)
入場無料