展覧会情報

京都dddギャラリー第225回企画展 コントラプンクト タイプ Kontrapunkt Type

2020年06月09日(火)〜10月03日(土)

Design by Kontrapunkt/Typefaces by Kontrapunkt(’Goertek`&‘Miki`)
Design by Kontrapunkt/Typefaces by Kontrapunkt(’Goertek`&‘Miki`)
  • シェア
  • ツイート
  • URLコピー
展覧会再開のお知らせ
緊急事態宣言の解除を受け、6月9日(火)に開館いたしました。詳細は下記をご覧ください。
開館のお知らせ
新型コロナウィルス感染症予防・感染拡大防止の対策とお願い


Kontrapunkt Type
an interactive solo exhibition on bespoke type design

COVID-19の状況下延期になっていた、京都ddd ギャラリーは6月9日に再開しました。
Kontrapunkt の今までの書体を集めた、インタラクティブな個展です。ブランド独自の書体の背景には、それぞれのブランドのユニークなストーリーがあり、それをできる限り表現したのが今回の個展になっています。

インタラクティブな個展
音に反応する書体や、浸食されていくような書体、北欧にルーツも持つデザインエージェンシーならではの書体が京都dddギャラリーで楽しめます。
書体それぞれのブランドのユニークなストーリーを物語り、見る人、読み人をそれぞれの世界に引き込む力があります。今回のギャラリーでは、それをインタラクティブに表現しています。
「アルファベットのすべての要素には、大きな物語を構成する非常に多くの物語の糸が紐づいていて、一つ一つの文字は彫刻を掘るように造られます。」と タイプデザイン責任者のラスムスは語ります。
床のペダルとギャラリーの壁に投影された映像の動きの変化により、まったく新しい方法でタイプデザインを体験してください。

バーチャル展覧会も同時開催
COVID-19の世界的な流行により、自宅で過ごす時間が長くなっている最近の日々がより有意義で充実感のある時間になるよう、また世界中どこからでも鑑賞して楽しんでいただけることを願ってWeb展覧会サイトを制作しました。サイトへはここから
https://type.kontrapunkt.com/

お知らせ

【ギャラリートーク、オープニングパーティ中止のお知らせ】

新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年4月4日(土)のギャラリートーク、オープニングパーティは中止とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

プロフィール

コントラプンクト Kontrapunkt
北欧のリーディングデザインエージェンシー。35年の歴史の中で、政府機関、インフラ、NGO、文化団体から大企業に至るまで、多数のブランディングを手がける。世界中のデザイン賞も多数受賞。グラフィックデザインから、空間デザイン、タイポグラフィ、デジタルと多岐にわたるエリアのデザインでブランディングを一貫して手がけている。
2015年には日本法人も設立。機能美がありつつ、心の琴線に触れるデザインを基本とし、国境や文化を超え、時を超えるようなデザインを得意とし、日本の企業のブランディングデザインも多数手がける。
 

 

主催

公益財団法人DNP文化振興財団

後援

デンマーク王国大使館

会場時間・会場アクセス

開館時間11:00−19:00 ※土曜日は18:00まで
日曜・月曜・祝日休館  入場無料
〒616‒8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL: 075-871-1480 FAX: 075-871-1267
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分、嵐電嵐山本線 嵐電天神川駅 徒歩5分、市バス・京都バス 太秦天神川駅前下車、駐車場無