DNP LSI Design Co., Ltd.
個人情報保護について お問い合わせ
会社案内 LSI設計サービス LSI試作サービス LSIターンキーサービス(量産受託) 採用情報
キャリア採用
 
HDL(Hardware Description Language)とはその言葉通り機能記述言語であり、機能記述言語とは、極端な言い方をすればシステム仕様書のようなものである。HDLによる設計とは、設計者がゲート化された回路を意識することなく、より高いレベルでの設計を行うという手法である。
現在、機能記述言語としてVerilog-HDL, VHDLの2つが主流となっている。
 

これまでLSIを開発するのに、まずシステム仕様書を作成し、回路設計者が仕様書をもとに回路をおこし、CAEによる回路入力を行ってきた。しかし、この手法ではプロセス微細化により可能となった、数十万ゲート規模のLSIには対応が難しい。
そこで、工程の効率化が図れ、テクノロジー変換の容易なHDL手法が登場し、現在では設計の主流となりつつある。
 


あらかじめ登録されているプリミティブ・エレメントやセルの相互接続により記述する。  
    INV U1(Net1, I1);
AND U2(Net2, Net1, I2);
EXOR U3(O1, Net2, I3);
 

同期式回路  
    - タイミングの制御/解析が容易  
    - 論理合成ツールが受け取れる抽象度が高いレベル  

モジュール  
    module TOP (IN1,IN2,OUT1,OUT2);
  input IN1,IN2;
  output OUT1,OUT2;
  ・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・
endmodule
 
DNP 株式会社DNPエル・エス・アイ・デザイン
Copyright (c) DNP LSI Design Co., Ltd.