2系統入力対応スケーラーLSI

本LSIは、低価格を実現した2系統入力のスケーラーです。
スケーリングエンジンは、垂直・水平方向独立に補間方法の選択が可能で、画像輪郭の強調、抑制の度合いも自由に調整可能です。またコアリングの設定もでき、これらによってノイズの除去制御も対応できます。
2系統入力の表示画像は、Picture in Picture (PIP)、Picture out Picture (POP)などに対応し、さまざまな表示形態に対応が可能です。
スタジオライクなOSD(On-Screen Display)は、エフェクト機能として、αブレンディング、フェードイン/アウト、クロマキー、コピー、スクロールなどに対応し、ハードウェアカーソル機能も搭載しています。

特徴

  • 独自補間技術による縮小スケーリングエンジンをPort1とPort2に搭載し、拡大スケーリングエンジンは、Port2に対してのみ搭載しています。
  • 副作用の少ないノイズリダクションフィルタを搭載しています。
  • エッジの幅、強調度の調整が可能であり、シャープな画質も実現します。
  • Picture in Picture (PIP)、Picture out Picture (POP)などに対応しています。
  • 従来OSD機能では難しかった複雑なGUIも高精細かつ簡易に表示可能です。
  • OSD機能のエフェクトとしては、αブレンディング、フェードイン/アウト、クロマキー、コピー、スクロールなどに対応し、またハードウェアカーソル機能も搭載しています。

On-Screen Display

 

<On-Screen Display表示例>

On-Screen Display表示例

αブレンディング、フェードイン/アウト、クロマキー、コピー、スクロールなどに対応しています。

 

PIP / POP

 

PIP / POP
PIP (Picture In Picture)

PIP / POP
POP (Picture Out Picture)

 

内部ブロック図

 

内部ブロック図

製品仕様

 
Input Port1
  • LVTTL 24bit
    Clock Frequency Max 108MHz
Port2
  • LVTTL 24bit
    Clock Frequency Max 108MHz
Output
  • LVTTL 24bit
    Clock Frequency Max 65MHz
Functions
  • Shrink Scaling Engine
  • Digital Noise Reduction (DNR)
  • Flexible Edge Enhancement2(FEE2)
    Sharpness Improvement (SI2)
    Transient Improvement (TI)
  • RGB Gamma Correction
  • Dithering
  • Picture in Picture (PIP)、Picture out Picture (POP)
  • Studio like OSD(On-Screen Display)
CPU I/F 32bit or 16bit parallel I/F
Power Supply 1.2V & 3.3V Dual power supply
Package FBGA376pin(23x23mm, Pitch 1.0mm)
Operating temp 0℃〜70℃
本資料の取り扱い
  • 本資料に記載された内容は、改良のために予告なく変更することがあります。予めご了承下さい。
  • 本資料に記載された動作概要及び応用回路例は、製品の標準的な動作や使い方を説明するためのものです。特に応用回路例は実際での使用を保証するものではありません。
  • 実際に本製品を使用される場合には、外部諸条件を考慮のうえ回路・実装設計をして下さい。
  • 本資料ならびに、各種仕様書に掲載してある技術情報は、製品の代表的動作・応用を説明するためのもので、その使用に際して当社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません。
  • 本資料に掲載されている製品のRoHS適合性など、詳細につきましては製品個別に必ず弊社営業窓口までお問合せください。本資料に掲載されている製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令などの法令を十分調査の上、かかる法令に適合するようご使用下さい。お客様が適用される法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、当社は一切の責任を負いかねます。
  • 一般的に電子機器製品の輸出または海外への提供には日本国政府の許可が必要となります。
  • 米国輸出管理規制の規制を受けた製品においては、輸出する場合、輸出先によっては米国政府の許可が必要です。
  • 本資料ならびに、各種仕様書に記載されている各社のロゴや商標は各社の登録商標です。
使用上のご注意
  • 当社は品質、信頼性の向上に努めていますが、一般に電子製品は誤作動したり故障することがあります。当社の電子製品をご使用頂く場合には、電子製品の誤作動や故障により、他人の生命・身体・財産が侵害されることのないように、購入者側の責任において、システムの安全設計を行うことをお願いします。なお、ご使用に際しては、最新の製品仕様をご確認の上、製品保証範囲内でご使用下さい。
  • 本資料に掲載されている製品は、一般的電子機器(コンピュータ、パーソナル機器、事務機器、計測機器、産業用ロボット、家電機器など)に使用されることを意図しています。特別に高い品質・信頼性が要求され、その故障や誤作動が直接人命を脅かしたり人体に危害を及ぼす恐れのある機器(原子力制御機器、航空宇宙機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼制御、医療機器、各種安全装置など)にこれらの製品を使用すること(以下“特定用途”という)は意図もされていませんし、また保証もされていません。本資料に掲載されている製品を当該特定用途に使用することは、お客様の責任でなされることとなります。
  • 本資料に掲載されている製品を、国内外の法令、規則及び命令により製造、使用、販売を禁止されている応用製品に使用することはできません。
  • 本製品の使用または、使用不能により生ずる付随的な損害(事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失、またはその他の金銭的損失を含むがこれらに限定されない)に関して当社は一切の責任を負いかねます。
お問い合わせ先 大日本印刷株式会社 ファインオプトロニクス事業部

お問い合わせフォーム