沿革

1876年〜1944年

当社の前身、秀英舎は、明治維新後まもない1876年(明治9年)、東京・銀座の地に誕生しました。
「活版印刷を通じて人々の知識や文化の向上に貢献したい」。創業の原動力になったのは、発起人たちのそんな熱い思いでした。
秀英舎にとって初めての大仕事は、大ベストセラーとなった『改正西国立志編』(原題『Self-Help』、スマイルズ著)の印刷。若者たちに勇気を与えたこの本は、日本初の国産洋装本で、表紙の板紙も秀英舎が開発したものでした。
1886年、秀英舎は東京・市谷に工場を建設。1923年(大正12年)の関東大震災を契機に、本店機能は市谷に集約されました。廉価な文学全集が続々と出版された“円本ブーム”が去ると、印刷業界は厳しい状況にさらされましたが、そんなさなかの1935年(昭和10年)、秀英舎は日清印刷と合併、「大日本印刷」として新たなスタートを切りました。

明治20年ごろの本舎明治20年頃の本舎(京橋区西紺屋町)

日本初の国産活版洋装本「改正西国立志編」日本初の国産活版洋装本「改正西国立志編」

秀英舎が鋳造したピンマーク入りの活字秀英舎が鋳造した活字

明治20年ごろの市谷「第1工場」明治20年頃の市谷工場(牛込区市谷加賀町)

大日本雄弁会講談社(現、講談社)「キング」創刊号大日本雄弁会講談社(現 講談社)「キング」創刊号

1876
明治9
10月 9日  秀英舎創業。数寄屋河岸御門外の弥左衛門町(現 銀座4丁目2番)にて
1877
明治10
   『改正西国立志編』(日本初の純国産活版洋装本)完成
1878
明治11
1月  最初の舎則を定める。印刷業を「文明ノ営業」として創業の精神を表現
1881
明治14
7月  活字の自家鋳造を開始
1882
明治15
9月  製文堂を創設。活字の販売を開始
1886
明治19
11月  牛込区市谷加賀町に市谷工場を開設
1889
明治22
1月 17日  佐久間貞一が舎長に就任
1890
明治23
2月  「国民新聞」の印刷を受託。京橋区日吉町の民友社内に出張工場を設ける
1891
明治24
2月 28日  佐久間貞一が保田久成の協力を得て印刷雑誌社を設立し、業界誌『印刷雑誌』を発刊
1894
明治27
1月 19日  株式会社秀英舎を設立登記
1895
明治28
12月 22日  本舎工場の増築工事完了。国内初の鉄骨煉瓦造建物(若山鉉吉海軍技師が設計)
1899
明治32
4月 30日  大阪市築港公債証書百円券を凹版で印刷(後に五百円券も)
1907
明治40
4月 4日  日清印刷設立。榎町工場を開設
1910
明治43
8月 10日  製文堂、『活版見本帖』を発行
1911
明治44
2月  ポイント式活字母型(9ポイント)を完成
1912
明治45
2月  製文堂、二号「活字見本帖」を発行。秀英体の第三次改刻が完了
1916
大正5
4月  市谷工場に四六全判オフセット印刷機を初めて設置(オフセット印刷の開始)
1923
大正12
9月 1日  関東大震災で本店および活字販売課(製文堂)が類焼
10月15日  本店を牛込区市谷加賀町に移転
1924
大正13
11月  大日本雄弁会講談社の雑誌『キング』創刊。秀英舎が印刷を受注。大量生産体制確立
1926
大正15・
昭和元
12月 3日  改造社が『現代日本文学全集』刊行、秀英舎が印刷を受注。円本ブームはじまる
1927
昭和2
7月 10日  岩波文庫(岩波書店)創刊
11月 26日  銀座営業所(活字販売所)を開設(現在のギンザ・グラフィック・ギャラリー<ggg>の地)
12月 30日  日本最初の地下鉄(上野−浅草間)開通
1928
昭和3
9月 12日  日清印刷が辻本写真工芸社を買収。日本初の原色グラビア印刷開始
1932
昭和7
10月 1日  日清印刷が大崎分工場を開設
1935
昭和10
2月 26日  秀英舎と日清印刷が合併、社名を大日本印刷とする。
増田義一、取締役社長に就任
1941
昭和16
5月 24日  青木弘、取締役社長に就任
12月 8日  日本軍、真珠湾を攻撃。太平洋戦争始まる
1943
昭和18
12月 23日  佐久間長吉郎、取締役社長に就任
1944
昭和19
   技術部研究室が発足