沿革

1945年〜1962年

2|新しい時代を迎えて

 

1945年(昭和20年)8月、終戦。都心一帯が焦土と化すなか、市谷工場は幸いにも被災を免れました。
活字に飢えた人々は印刷物を渇望し、戦後の出版界は活況を呈しました。当社には注文が殺到、市谷工場の製造能力を増強してこれに対応しました。
その一方で、印刷業界では労働運動が激化。当社も経営を揺るがすほどの深刻な状況に陥りました。そこで当社が下した決断は、労使協調を図り、出版印刷以外の分野−−紙器、軟包装、建材、ビジネスフォームなど−−に果敢に進出することでした。
1950年代後半、『週刊新潮』を筆頭に、週刊誌の創刊ブームが訪れました。それまで週刊誌は取材力や機動力を有する新聞社しか発行していませんでしたが、当社が出版社のニーズに応え、製造能力を拡充したことで、出版社による週刊誌の発行が可能になりました。

新日銀券 A100円券新日銀券 A十円券

紙器印刷 検品のようす紙器印刷 検品のようす

新潮社初の週刊誌「週刊新潮」創刊号初の出版社刊行の週刊誌「週刊新潮」創刊号

カラーテレビ用シャドウマスク試作に成功カラーテレビ用シャドウマスクの試作に成功

1945
昭和20
5月27日   被災を免れた市谷工場が陸軍省・海軍省・大蔵省の管理工場に指定される
1946
昭和21
3月 8日  市谷工場・新発田工場・秋田工場が、通貨等製造工場管理規則により大蔵省管理工場に指定され、紙幣(A十円券)の印刷開始
10月 5日  京都市右京区に京都工場を開設
1949
昭和24
5月  東京証券取引所に上場
9月  榎町工場で証券印刷を開始
1950
昭和25
11月 10日  NHKがテレビ実験放送を開始
11月  −  京都工場に紙器工場を設置(紙器分野に進出)
1951
昭和26
6月 16日  事業領域の拡大を目指す「再建5か年計画」を発表
7月  −  ビニール、セロハン、布地などへの特殊印刷を開始
8月  柄物化粧紙の印刷を受注(建材分野に進出)
11月  大崎工場が、紙器専門工場として再開
1952
昭和27
7月  たばこの外函印刷を受注
   多色グラビアエンドレス版の製造に成功。デコラ(住友ベークライト向けメラニン化粧版)の印刷を開始
1953
昭和28
9月 26日  特殊印刷の専門工場として新東京証券印刷を買収(王子工場の前身)
11月  日本最初のスーパーマーケット紀ノ国屋、青山に開店
1954
昭和29
12月   大崎工場で軟包装印刷を本格開始
1955
昭和30
1月 18日  北島織衛、取締役社長に就任
10月 23日  榎町工場で帳票印刷を開始
    『広辞苑』(岩波書店、1955年5月刊行)を印刷(秀英体活字を使用)
1956
昭和31
2月  『週刊新潮』(新潮社)創刊号を印刷。出版社刊行の週刊誌は日本初
9月 1日 大阪工場を開設。日本精版を吸収合併
1957
昭和32
8月  10日  特殊印刷(軟包装)専門の王子工場を開設
1958
昭和33
8月  「チキンラーメン」(日清食品)の袋を印刷
10月  カラーテレビ用部材のシャドウマスクの試作に成功(日本初)
1959
昭和34
2月  東芝が国産初のカラーテレビを発表(1960年7月一般発売)
3月 17日  『少年マガジン』(講談社)・『少年サンデー』(小学館)創刊。ともに印刷を受注
11月 21日  大日本フォトメカニカル工業を設立。シャドウマスク量産開始
   半導体回路の原版であるフォトマスクの試作に成功
1960
昭和35
7月 30日  埼玉県福岡村(現 ふじみ野市)ミクロ製品専門工場を開設
9月 30日  NHKなど5テレビ局でカラーテレビ放送を開始
1961
昭和36
4月 24日  九州大日本印刷を設立
8月  10日  大日本ポリマー(現 DNPテクノパック)を設立。ブローボトル成形開始
8月 21日  研究所を技術部より分離し、中央研究所を設ける
9月 1日  北日本印刷紙業を傘下に収め、北海道大日本印刷と改称
12月  鋼板への直接カラー印刷に成功(日本初)
1962
昭和37
7月  20日  メタルプリント(現 DNPエリオ)を設立。富士製鐵(現 新日鐵住金)との合弁
9月  紙カップの生産を開始