印刷プロセスから見るDNPの技術

DNPは、当時の最先端技術であった活版印刷事業で創業して以来、印刷技術を応用・発展させることでさまざまな分野にビジネス領域を拡げてきました。現在の幅広い印刷事業を支えている、さまざまな技術を本の印刷プロセスを例に紹介します。

情報を処理する

文字・写真原稿の整理やデザイン、レイアウト、編集作業を行います。使用する写真や図柄の色の調整や不要部分の削除といった、画像の処理もこの段階で行います。原稿をシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色に分解するなど、印刷製造前の準備作業で、前工程とも言います。

この印刷プロセスで
使われている技術
情報処理技術

入稿されるテキスト、写真、イラスト、動画など、さまざまな形態の情報を整理する前工程から派生した技術。ファイルの形式を整え、データを最適なカタチに変換、画像の色調マネジメント、情報の整理・保管も行います。必然的に大容量データのハンドリングノウハウが蓄積され、ビッグデータの加工・解析、セキュリティ技術へと拡がってきました。

  • フォント技術

    明治期から続くDNPのオリジナル書体「秀英体」。時代とともに変遷するメディアにあわせ、金属活字から電算写植、デジタルへとリフォームを行ってきた。本格的なデジタル時代に対応するため、2005年から7年にわたり、のべ12万字を本格的に改刻。映像向けなど、メディアにあわせて書体を開発する技術。

    秀英体金属活字

  • メディア変換技術

    紙や電子書籍、インターネットやDVD、通信など、さまざまな媒体にあわせ、テキストや動画などの情報データをそれぞれに最適な形式に変換する技術。

    電子・紙書籍

  • 画像処理・認識技術

    静止画や動画に対し適切な処理を加え、精緻化する技術。また、対象の画像を読み取り、人物や景色を識別する技術。人物の特定や写真撮影などに利用されている。

    AR・VR

  • データ分析技術

    生活者の情報サービス利用動向や購買記録、気候変化などのデータを抽出、整理し、一定の目的に沿って情報を加工する技術。加工した情報から一定のパターンを見つけ、予測あるいは、改善につなげることが可能。

    購買記録を分析

  • 情報セキュリティ技術

    通帳やATMカード、証券といった重要性・機密性の高い印刷物を扱ってきた実績から、個人を特定する認証や、安全にデータを授受するための暗号化などの技術が発展した。ICカードやリーダーライターといったハードと、ソフトの融合により、堅牢で安全・安心な取引ができる環境をつくっている。

    ICカード