HOME >DNPのPIMソリューションを選ぶべき理由

DNPのPIMソリューションを選ぶべき理由

豊富な実績/ノウハウと、優れたPIMシステムとを兼ね備えるのはDNPだけ

いくら優れた製品であったとしても、十分な知見やノウハウがなければその良さを引き出すことはできません。DNPが長年培ってきた商品情報マネジメントに関する実績/ノウハウと優れたPIMシステム「Pro-Ⅴ」との組み合わせだからこそ、大きな価値を提供することができるのです。

DNPのPIMソリューションを選ぶべき理由

Pro-V 選ぶべき5つの理由(特長、優位性)

  1. 選ぶべき理由Ⅰ -DNPの豊富な実績/ノウハウ-
  2. 選ぶべき理由Ⅱ -Pro-V:オールインワン・パッケージ-
  3. 選ぶべき理由Ⅲ -Pro-Ⅴ:構築/改修の簡便性-
  4. 選ぶべき理由Ⅳ -Pro-V:オムニチャネルへのメディア展開機能-
  5. 選ぶべき理由Ⅴ -Pro-V:裏付けられた確かなパフォーマンス-

選ぶべき理由Ⅰ -DNPの豊富な実績/ノウハウ-

長年にわたる商品情報マネジメントに関する豊富な実績/ノウハウ

DNPは印刷物制作の効率化をきっかけに、1990年代から商品情報マネジメントに取り組んできました。その豊富な実績/ノウハウをいかし、多くの企業の商品情報マネジメント(PIM)に関するコンサルテーションやPIM構築を手がけてきています。

より多くの商品をより早く販売するためのプロセス改善が課題。現行プロセスの見直しとPIMの要件策定のためのコンサルテーションをDNPが提供。

Stibo Systems 社について

世界各国の販社に商品情報を迅速に供給するためにPIMを導入。
課題分析からRFP作成、経営層への上申までのプロセスをDNPが支援。

Stibo Systems 社について

選ぶべき理由Ⅱ -Pro-Ⅴ:オールインワン・パッケージ-

PIMとして必要な機能を標準で網羅的に備えたパッケージです。

散在する商品のプロモーション情報を効率的に収集→管理→配信するために必要な機能をワンパッケージに。システム全体のコスト効率と運用におけるTCO面で最適な製品です。

Stibo Systems 社について

選ぶべき理由Ⅲ -Pro-Ⅴ:構築/改修の簡便性-

ほぼ設定作業だけの環境構築。短期間でかつ、運用後の追加/変更も設定で可能

Pro-Ⅴの環境構築は、すべて標準の画面での設定作業のみで行うことが可能です。短期間での構築が可能であるとともに、運用開始後の追加/変更をユーザーが行うことも可能です。

●Pro-Ⅴのすべての機能の実行と設定が可能な標準のUI
●商品情報やコンテンツのメンテナンスとともに、カテゴリー/項目/分類の定義や、ユーザー権限設定等が可能
●メンテナンス画面は、DB構造の変化に動的に対応。項目の追加に伴うUIの改修は不要
●Javaアプリケーションとして実装。Webブラウザからいつでも最新のバージョンを起動可能

Stibo Systems 社について

選ぶべき理由Ⅳ -Pro-Ⅴ:オムニチャネルへのメディア展開機能-

Web/ECはもちろん、紙媒体までを含めたメディア展開機能

Pro-ⅤはPIMシステムでもっとも「情報をいかにマルチユースするか」に重きをおいて開発された製品です。Web/ECをはじめとするデジタルメディアへの展開はもちろん、紙媒体の制作業務をもトータルでコントロール。圧倒的な省力化とコスト削減を実現します。

媒体制作時の台割作業をPro-Ⅴで管理する商品情報を使って行うことが可能。作成した台割はそのままDTPデータへ流し込み可能です。

台割作成~自動流し込み機能

セールス担当者や取引先がPro-Ⅴで管理する商品情報を使って簡単な販促資料をWeb上で作成可能。
よりスピーディーな顧客へのリーチを実現します。

選ぶべき理由Ⅴ -Pro-Ⅴ:裏付けられた確かなパフォーマンス-

HP社によるパフォーマンステストで実証されたPro-Ⅴの確かな性能

Pro-Ⅴはバージョンアップごとにパフォーマンステストを行い、ユーザー/データ規模の拡大への対応性を含む性能が実証されています。テストはStibo社がヒューレット・パッカード(HP)社と共同で行ない、その結果はStibo/HP社共同のオフィシャルなレポートとして開示されています。

1億件のデータ/2,300の同時ユーザー数で2秒以内のレスポンス
●同時アクセスユーザー数の増大にはAPサーバーの増設で対応可能
→ ?600ユーザー=1APサーバー ?1,100ユーザー=2APサーバー・・・
●大量の一括入出力の同時並行処理における十分なスループット
→ 20の同時出力処理で、1,000SKU/秒*を出力可能
→ 28の同時取り込み処理で、80SKU/秒*を取り込み可能(*100項目/SKUを想定)

Stibo Systems 社について

Page Top