カンファレンス講演レポート

Service Design Japan Conference 2016
~ 日本でのサービスデザインの進化 ~

「サービスデザイン・ラボ」のジャーニー

SDNCJ2016_01 講演の様子

 2016年1月23日(土)に「Service Design Japan Conference 2016 ~日本でのサービスデザインの進化~」が開催され、サービスデザイン・ラボの山口が、「サービスデザイン・ラボのジャーニー」と題し、プレゼンテーターとして講演しました。今回は、サービスデザイン・ラボの過去3年間の活動を振り返り、実践を通じて得た大きな“3つの学び”について講演しました。

■サービスデザイン・ラボのビジョン

 世の中は未だにさまざまなPainであふれています。それらの多くは「どうせ変わらない」というネガティブな常識が壁となっています。そのようなネガティブな常識をポジティブにシフトすることにより「未来のあたりまえ」を共創し続けたいと考えています。この根底にある「ポジティブシフト」のビジョンとサービスデザインの思想を軸にしてこれまで多種多様なクライアントと多くの共創を実践してきました。

SDNCJ2016_02 サービスデザイン・ラボのビジョン「ポジティブシフト」

■実践で得た大きな3つの学び

 1つ目の学びは、“デザインのプロセスに本気で参加した生活者は自ら世の中を変えようと動き出す”ということです。具体例として都市開発会社との共創プロジェクトである地域活性化を目的としたまちづくり計画創出をモチーフに説明しました。このプロジェクトではアイデアの発案までがスコープでしたが、その後参加した生活者がこのアイデアをもとに自ら主体的にまちづくりを始めました。このように本気で参加した生活者は自ら世の中を変えていくのです。
 2つ目の学びは、”「体験価値の見直し + ローカライズ」の考え方が非常に大切である”ということです。こちらは金融会社A社との取組みからの学びです。
 3つ目の学びは“共創プロセス自体のデザインに取り組むことで生まれる組織への波及効果”についてです。こちらはDNP社内における研究開発セクションの事例とともにご紹介しました。学習と実践のフィードバックループを回すことで、マインドが定着し、本業も活性化していきます。

■今後について

 最後は今後の活動についてです。従来通り、社内外に対してサービスデザインの方法論を核にクライアントワークを実践していきますが、今後重点的に取り組むのは主体事業者としての活動です。サービスデザインを自社のあたりまえの考え方として、根付かせ、新しい製品やサービスを創りだし、事業に育てる活動を始めていきます。(松藤)

    以上