JR東日本研究開発センター フロンティアサービス研究所

鉄道事業における共同研究テーマ探索のサポート


背景

JR東日本とDNPは、2009年度から駅構内におけるナビゲーションの在り方を模索しています。1つの方向性として、紙のパンフレットをUIとしたナビゲーションシステム「かみしるべ」のプロトタイプを共同開発しました。
実際に駅構内に設置しユーザーの反応を観察した実証実験を通し、鉄道・商業施設において“利用者にやさしいナビゲーション”とはどうあるべきかを引き続き研究しています。

jreImage 紙のパンフレットをUIとしたナビゲーションシステム「かみしるべ」


取り組み

はじめにペルソナ像とシナリオを設定。まずはペルソナになりきって行動し、周囲を観察しながら、その時々の感情を記録していきました。現在既に提供されているナビゲーションツール(デジタルサイネージ、ポスター、インフォメーションセンター等)も体験しました。

共創ワークショップを通して観察結果をジャーニーマップに描き、ペルソナの体験や気持ちの動きを整理しました。さらにペルソナの潜在的な欲求を明らかにするため、Service Prototyping Lab(SPL)でのアクティングアウトを通してペルソナの行動を深堀しながら、アイディエーションとペーパープロトタイピングを実施し、研究テーマの方向性を見出すためのサポートを行いました。

jreImage 共創ワークショップを通して、ジャーニーマップを描きます

成果

現在、共創ワークショップで導き出された研究テーマの方向性を元に、共同研究を継続推進中です。

(敬称略)