株式会社JTBパブリッシング

書籍情報を活用した新規事業開発


背景

株式会社JTBパブリッシング(以下、JTBP)は、時刻表、「るるぶ」や「タビトモ会話」などの旅行情報誌に代表される出版事業を手掛けており、資産として保有している書籍情報を活かして、新しい事業の立ち上げを目指しています。


取り組み

書籍情報を活かしたイノベーティブな事業コンセプト創出を目的に、JTBPとDNP、更には目指す事業の業界に精通している有識者を交えて、サービスデザイン・ラボの独自手法であるOpen Experience Journey Design (OEJD) を使った共創ワークショップを実施しました。

ワークショップの中では、生活者が普段感じている不満(モヤモヤ)を起点に、JTBPが保有する資産の特徴を掛け合わせて、イノベーティブなアイデアを発想しました。また、アクティングアウト型のプロトタイピング手法Service Prototyping Lab (SPL)を活用し、生み出されたアイデアを演技で表現したり、ペーパープロトタイプでユーザーインターフェースのイメージを検討したり、ユーザー行動の親和性を検証しながらアイデアを発展させました。

jtbpImage 多様なメンバーによる共創ワークショップ

jtbpImage SPLの前でアクティングアウトをしている様子


成果

共創ワークショップを通じて、書籍情報をベースとした行動情報の収集・配信サービスの事業コンセプトを創出しました。
クライアント社内で、取り組み内容と創出した事業コンセプトを共有し、生活者・サービス提供者両者にとっての価値を確認しました。現在、事業化に向けたプロトタイピング計画を進めています。

(敬称略)