消費を創出する、女性のギフト・コミュニケーション

998 View

6月第3日曜日は「父の日」。今年も多くの店舗やネットショップでは父の日を彩るネクタイやお酒、スイーツなど、さまざまな商品が販売されました。年間を通じて生活に密着したギフト機会は多くあり、消費を活性化しています。大日本印刷では"自分のための消費"とは異なる、"ギフト消費"に注目し、生活者のギフト実施動向と意識を捉えています。今回は女性のギフト実施動向についてレポートします。

調査結果サマリー

1.生涯を通じて、さまざまなギフトを贈る女性

女性は、内容は異なるものの、どの年代もギフトを贈っている。若年層は誕生日やバレンタインデーなど、特別なイベントを楽しむためのギフトを、年配層はお歳暮、お中元、お年賀など、礼儀や挨拶のためのギフトを多く贈っている。一方男性は、若い年代でのギフト実施率が低く、妻や子ども、孫などの家族が増えていくとともに、ライフイベントにともなってギフトとの関わりが生まれている。

2.ギフトがコミュニケーションの機会をつくる

10代、20代の女性は、母の日や父の日のプレゼントを「直接会って渡した」割合が約8割と高かった。また、母の日に定番の「花」を贈る割合は低く、「自分らしさや感性を表現したい」割合が他の年代よりも高いことがわかった。若年層の女性にとって母の日や父の日が家族とのイベントの一つとなっている実態が捉えられた。

3.ギフトが次の消費をつくる

10代、20代の女性は、「人に贈り物をするのが好きな方だ」という割合が25%。SNSで友人とつながるなど、コミュニケーションを重視する若年層にとって、ギフトの機会はコミュニケーションの一部として好意的に活用されている。また10代~30代女性が「自分へのギフト」を贈る割合は2割を超え、自分のための消費のきっかけになっていることがわかった。

調査結果詳細

1. 生涯を通じて、さまざまなギフトを贈る女性

  • ▶女性はどのギフトも男性と比較して贈る割合が高く、どの年代でも5割前後実施しているギフトがある。
  • ▶10代、20代女性は「誕生日プレゼント」「バレンタインデーのプレゼント」など、イベントや特別なシーンでのギフトを贈る割合が高く、年齢とともに「お歳暮」「お中元」「お年賀」など、礼儀や挨拶のためのギフトを贈る割合が高まる。
ギフト実施率
グラフ ギフト実施率

本調査は調査実施時期の半年以内の以下のギフト実施状況を調査している。
上記グラフは以下項目の中から、全体実施率が10%以上のものを抽出している。

■「第4回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」

こどもの日、母の日のプレゼント、父の日のプレゼント、お中元・夏ギフト、敬老の日、イースターのプレゼント

■「第5回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」

ハロウィンのプレゼント、七五三のお祝い、お歳暮・冬ギフト、クリスマスのプレゼント、お年賀、バレンタインデーのプレゼント、ひな祭りのお祝い、ホワイトデーのプレゼント、 合格・入学祝い、卒業祝い、成人のお祝い、就職・内定祝い、結婚祝い、出産祝い、新築・引越し祝い、結婚記念日のお祝い、還暦・長寿のお祝い、送別・餞別のプレゼント、病気のお見舞い・快気祝い、誕生日プレゼント、旅行のお土産、訪問時・外で会うときの手土産、日常的なプチギフト、帰省土産、季節のあいさつ

2.ギフトがコミュニケーションの機会をつくる

  • ▶10代、20代女性は「母の日のプレゼント」「父の日のプレゼント」を「直接会って渡した」割合が約8割。年齢とともに「直接会って渡した」割合は低下し、「電話で話した」割合が高まる。
  • ▶10代、20代女性は「母の日のプレゼント」「父の日のプレゼント」を「習慣で贈る」割合が低い。また、プレゼントとして定番の「花」を贈る割合が低く、 「自分らしさや感性を表現したい」割合が他の年代と比較して高い。
    「母の日」や「父の日」が単なるギフト機会ではなく、一つのイベントとなっていることがとらえられる。
贈った相手とのコミュニケーション
グラフ 贈った相手とのコミュニケーション

3.ギフトが次の消費をつくる

  • ▶10代、20代女性では、「人に贈り物をするのが好きな方だ」という割合が25%。SNSでも友人といつでもつながり、コミュニケーションを重視する若者にとって、ギフトはコミュニケーションの一部として好意的に受け止められている。
  • ▶10代~30代女性は2割以上が「自分へのギフト」を贈っている。若年層女性はギフトをひとつのイベントとしてとらえ、自分のための消費のきっかけにもなっている。
人に贈り物をするのが好きな方だ
グラフ 人に贈り物をするのが好きな方だ
自分へのギフト(ごほうび)を買ったことがある
グラフ 自分へのギフト(ごほうび)を買ったことがある

調査概要

DNP「第5回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2015年3月27日(金)~3月30日(月)
調査対象者:全国の16歳~79歳の男女
有効回答数: 2,600サンプル

DNP「第4回 日常生活とギフトの実施状況に関する調査」
調査方法:インターネット調査
調査期間:2014年10月31日(金)~11月3日(月)
調査対象者:全国の16歳~79歳の男女
有効回答数: 2,600サンプル

  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

マーケティングインサイト・ラボ 川村 美佳
資料は以下よりご覧いただけます

本資料に関するご相談は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

▶お問い合わせフォームへ