シニア世代はお菓子好き[食MAP]

998 View

チョコレート、ビスケット・クッキーなどお菓子の市場が伸びています。それを支えているのがシニア世代です。
今回は「食MAP」を活用して、お菓子好きシニアの実態を探ります。


「食MAP」とは
食品の購買から、調理、消費までをパネル形式で調査した、首都圏30km圏内在住400世帯の食卓データベースです。 1998年から毎日の食データを蓄積しており、 POSデータ等では分からない食生活の実態をとらえています。
※本記事は、「食MAP」の家族世帯(2人以上既婚世帯)のデータを使って分析しています。

シニア世代でのお菓子の喫食が急増

この5年間の食卓での菓子類の出現を年代別に見ると、「10歳未満」「10代」の子供が当然多いものの、「60代以上」の世代の出現が非常に増えています。

「菓子」年代別TI値推移


食事時に出現するお菓子

どのシーンで食べられているかを見ると、60代以上は他の世代に比べ食事の時が多く、食事にプラスしてお菓子を食べているようです。また間食・夜食においては、夕食後に食べる機会が多いです。

「菓子」出現機会別特化度(60代以上)

ポテトチップスも食べる機会が増える

60代以上でよく出現する菓子は全体的に伸びています。もっとも多く登場するのは「せんべい・おかき・あられ」で、ここ5年で約115.1%の伸びとなっています。 一方で若い人がターゲットと思われる「ポテトチップス」が131.0%、「チョコレート」も110.7%と伸びを見せています。

「菓子」種類別出現TI値と5年平均伸長率(60代以上)

お菓子と一緒にコーヒー、ビール

菓子の種類別に一緒にどのような飲料を飲んでいるかを見ると、「コーヒー」「緑茶・煎茶・番茶」が多く登場します。「ポテトチップス」「チョコレート」「せんべい・おかき・あられ」はビールのつまみとしても夕食シーンで食べられているようです。

「菓子」種類別同時出現飲料(60代以上)


今後子供が少なくなるなか、食事的な菓子、つまみ菓子などシニアのさまざまな食シーン、ニーズに合わせた菓子がますます登場し、シニアの人口増にともない菓子市場も拡大するものと思われます。


DNP調べ「食MAP」より ※食MAPは株式会社ライフスケープマーケティングの登録商標です。
調査対象:首都圏30km圏内の家族世帯 約360世帯(64歳以下の主婦を含む家族世帯)
分析対象期間:2012年1月1日~2016年12月31日
食卓機会:一日計
調査手法:パネル調査

  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

包装事業部 マーケティング企画本部 滝沢 雅夫