単身者の食卓変化 Vol.01【食MAP】

998 View

 食MAP※を使って、2009年~2016年の8年間の単身世帯の食卓変化を分析しました。
単身世帯は、未婚化、高齢化の影響で2040年には、全世帯の約4割に達するとされ(出典:国立社会保障・人口問題研究所調査)、DNPは今後、重要なマーケットとなると着目しています。
「単身者の食卓変化」では、全5回にわたり、20代~30代と40代~50代と男女の掛け合わせで4つのターゲットに分け、食卓にあがったメニュー、使われた材料から単身世帯の食卓の変化を分析していきます。
単身世帯は一体どのような食生活をしているのか、男女間、世代間で違いがあるのか、単身世帯の意外な食生活をとらえられる内容となっています。


 ※「食MAP」とは
食品の購買から、調理、消費までをパネル形式で調査した、首都圏30km圏内在住400世帯*の食卓データベースです。 1998年から毎日の食データを蓄積しており、 POSデータ等では分からない食生活の実態をとらえています。
*2015年10月より、360世帯から400世帯にモニターを拡充。


第1回目は、20代-30代男性についてご紹介します。

 
20代-30代男性は、ガッツリではなく、ヘルシーを好む!

20代-30代男性の夕食(内食・外食)の特徴は、大きく7つありました。



若く、働き盛り、食べ盛りな世代のため、ガッツリとしたメニューを好む傾向かと思いましたが、実態は鶏肉や豆腐、こんにゃくなどの食材が伸び、ヘルシーなメニューを好んでいました。分析の結果、イメージとは相反する食生活を送っていることがわかりました。
野菜メニューが伸張し、栄養バランスを考えている面も見えました。しかし、魚メニューは内中外それぞれで、登場しにくいようです。
その他、調理が簡単な食材が伸びていたり、ビールではなく、ワインが伸長、ケーキや紅茶が夕食に登場する“甘党”などの特徴が見られます。「スイーツ男子」という言葉も一般的に語られるようになりましたが、飲酒や食において男女の垣根がなくなっているといえそうです。
また、20代-30代の男性は、自分で作りにくいメニューは惣菜、惣菜にないメニューは外食と内・中・外の使い分けが明確な行動をとっているのも特徴的です。

とくに7つの特徴の中の「簡単自炊」について、深く見ていきたいと思います。

惣菜頼らず、手作り

主食、主菜・副菜における料理の作り方を分析しました。(グラフ1、2)
20代-30代の男性は「手作り」、「料理の素」が増加しています。一方、他の世代では、手作りが減少し、惣菜が伸長しています。
20代-30代の男性は、料理の素など簡便食材を活用しながら、自炊する傾向が高まっていました。世間では中食ブームですが、この世代にはささっていないようです。

グラフ1 料理の作り方 (主食)


グラフ2 料理の作り方 (主菜・副菜)


料理の素や簡便調味料を使って賢く自炊!

一体、どのような食材を使って夕食を摂っているのか、食材、調味料の伸びを分析しました。(表1)
分析結果(グラフ1,2)に紐づき、レトルトの料理の素がのびています。料理の素の影響で、中華メニューが伸びていることが考えられます。
そのほか、汁ものの具、缶ビンのトマト水煮、竹の子の水煮パック、冷凍の豚肉と下ごしらえや量の問題などメニュー作りをサポートしてくれる具材も伸びていました。このような食材を活用して、調理スキルを補い、うまくやりくりしている様子がうかがえます。また、調理が手軽でおかずやおつまみになり、満足感があるソーセージ類も注目です。

表1 20代-30代男性の伸長食材(伸長率130%以上)

20代-30代男性は一般的なイメージよりも自炊しています。調理スキルをカバーする様子がみえ、これをサポートしてあげるモノやコトにチャンスがあるかもしれません。



DNP調べ「食MAP 」より ※食MAPは株式会社ライフスケープマーケティングの登録商標です。
調査対象:首都圏30km圏内の単身世帯
分析対象期間:2009年1月1日~2016年12月31日
食卓機会:夕食
調査手法:パネル調査 



  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

包装事業部 マーケティング企画本部 山口 美穂