単身者の食卓変化 Vol.2 「20代-30代女性」[食MAP]

998 View

食MAP(※1)を使って、2009年~2016年の8年間の単身世帯の食卓変化を分析しました。単身世帯は、未婚化、高齢化の影響で2040年には、全世帯の約4割に達するとされ(出典:国立社会保障・人口問題研究所調査)、DNPは今後、重要なマーケットとなると着目しています。
「単身者の食卓変化」では、全5回にわたり、20代~30代と40代~50代と男女の掛け合わせで4つのターゲットに分け、食卓にあがったメニュー、使われた材料から単身世帯の食卓の変化を分析していきます。単身世帯は一体どのような食生活をしているのか、男女間、世代間で違いがあるのか、単身世帯の意外な食生活をとらえられる内容となっています。



※1 「食MAP」とは
食品の購買から、調理、消費までをパネル形式で調査した、首都圏30km圏内在住400世帯(※2)の食卓データベースです。 1998年から毎日の食データを蓄積しており、 POSデータ等では分からない食生活の実態をとらえています。
※2:2015年10月より、360世帯から400世帯にモニターを拡充。

第2回目は、20代-30代女性についてご紹介します。

20代-30代女性は、お酒&肉好き!

20代-30代女性の夕食(内食・外食)の特徴は、大きく8つありました。

豆乳やプルーン、豆、大麦と女性の体に優しい素材が伸長していた反面、家でも外食でも肉メニューが伸び、肉食傾向が見られました。さらに、同年代の20代-30代男性と大きく差が出たのがアルコールです。20代-30代男性では、アルコールの伸びが目立たなかったのに対して、女性は、内食、外食でビールや焼酎などアルコールの登場頻度が伸びました。
その他、野菜メニュー、パンケーキなどの外食で話題になったトレンドメニュー、朝食に人気のグラノーラが好調でした。
魚メニューも伸びましたが、内食では低迷、中食と外食で伸長していたことから、手作りはハードルが高い、でも魚を食べたい思いがあるようです。一方、落ちていたのはアイスクリームやシュークリームなどの甘いものでした。


20代30代女性は、ダイエット・美容意識が高い、トレンドメニューに反応する、など従来のイメージに沿った傾向もあり、また、お酒を飲む、肉食といった、従来のイメージとのギャップも見えました。
とくに8つの特徴の中の「お酒を飲む」について深くみていきたいと思います。

8割がお酒を飲んでいる20代-30代女性

内食・外食合わせた飲酒率(※3)を見ると、2009年も2016年も飲酒率が最も高いのは、40代-50代男性でした。 40代-50代女性飲酒率は低下し、 40代-50代男性との差が広がりました。ほか20代-30代男性は2009年の約80%から2016年には71.7%へと大きく低下しました。2009年には、20代-30代の男性と女性の間に差がありませんでしたが、20代-30代女性は、一度大きく下がりましたが、2013年を底に回復し、2015年以降40代-50代男性に次いで高くなりました。 その結果20代-30代男女の飲酒率の差が広がりました。

グラフ1 性年代別飲酒率


お酒のアテは、居酒屋メニュー&ジャンクがお好き?!

お酒を飲むときに、どんな食べ物を食べているか、20代-30代女性と20代-30代男性のTI値(※4)で比べてみました。
20代-30代女性がお酒と一緒に登場しやすいメニュー(表1)は、ポテトチップスやスナック菓子と菓子系や茹で枝豆、鶏の唐揚げ、焼き鳥の居酒屋系のメニューが登場します。
一方、20代-30代男性(表2)は、蒸し鶏やさきいか・するめとヘルシー系のメニューが上位に登場しました。2009年から2016年までの8年平均伸長率も高いです。
※4 TI値:1000食卓あたりの出現数

表1 20代-30代女性 アルコールと一緒に登場するメニュー
        (性年代特化度(※5)ランキングTOP10)

表2 20代-30代男性 アルコールと一緒に登場するメニュー
       (性年代特化度(※5)ランキングTOP10)

同じ20代-30代でも、男女間でお酒との接し方に違いがありました。男性よりも女性の方が飲酒率が高い、お酒と一緒にあわせているメニューが女性が“居酒屋系”、男性が“ヘルシー系”と異なりました。
近年若者の酒離れと騒がれていた時期もありましたが、そのトレンドは男性の方が関係しているようです。今後、お酒まわりの活性化は、単身20代-30代女性が牽引していくかもしれません。


  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

包装事業部 マーケティング企画本部 山口 美穂