単身者の食卓変化 Vol.4 40代-50代 女性 [食MAP]

998 View

 食MAP(※1)を使って、2009年~2016年の8年間の単身世帯の食卓変化を分析しました。
単身世帯は、未婚化、高齢化の影響で2040年には、全世帯の約4割に達するとされ(出典:国立社会保障・人口問題研究所調査)、DNPは今後、重要なマーケットとなると着目しています。
「単身者の食卓変化」では、全5回にわたり、20代~30代と40代~50代と男女の掛け合わせで4つのターゲットに分け、食卓にあがったメニュー、使われた材料から単身世帯の食卓の変化を分析していきます。
単身世帯は一体どのような食生活をしているのか、男女間、世代間で違いがあるのか、単身世帯の意外な食生活をとらえられる内容となっています。



※1 「食MAP」とは
食品の購買から、調理、消費までをパネル形式で調査した、首都圏30km圏内在住400世帯(※2)の食卓データベースです。 1998年から毎日の食データを蓄積しており、 POSデータ等では分からない食生活の実態をとらえています。
※2:2015年10月より、360世帯から400世帯にモニターを拡充。


第4回目は、40代-50代女性についてご紹介します。

40代-50代女性は、夕食にスイーツを楽しむ!

40代-50代女性の夕食(内食・外食(※3))の特徴は、大きく7つありました。
※3:内食とは、家で食事を摂ったときの食卓(ただし、購入した惣菜は「中食」とする)
      外食とは、外で食事を摂ったときの食卓



菓子パンやビスケット、ケーキ、アイスなど甘いものの、内食での出現が伸びている傾向にありました。
内食にとどまらず、外食でも、ドーナッツやケーキなどの甘いものが伸びていました。
野菜に関しては、この世代も好調でした。特に、野菜サラダや野菜炒めが人気でした。

野菜メニューも該当しますが、複数の具材を使う豪華なサラダや「煮る」といった手間の掛かるメニューに関しては惣菜が多く利用されていました。野菜などの使い切れる食材の量を考える手間や調理や後片付けの手間が掛かるなど手作りしにくいメニューは惣菜を使用し、自炊している様子がうかがえました。
一方、自炊=簡便ではなく、こだわっている様子が見られました。こだわりの1つとして、ハーブやスパイスなど基礎調味料以外の調味料の伸びが目立ちました。

その他、20代-30代女性と同じく、豆乳や大麦、プルーンなど、美容や健康に良いとされる素材が好調であったり、緑茶、麦茶などのお茶類が好調でした。

他方、そばやうどん、パスタ等の麺類は不調でした。


とくに7つの特徴の中の「スイーツを楽しむ」について、深く見ていきたいと思います。


上位20中、甘いメニューが14メニューを占める!

 菓子・デザートカテゴリで8年間伸びたメニューは、1位「豆スナック」、2位は「その他のナッツ類」とヘルシーなイメージがあるメニューでした。ただし、甘いメニューは、上位20の中で14メニューを占めていました。


表1 40代-50代女性における菓子・デザート8年伸長メニューランキング(TOP20)

アイスクリームは夕食の食卓に!

 夕食において、2009年と比べ、2016年にはアイスクリームやヨーグルトの出現率が大きく上昇しました。
一方、19時以降の間食では、チョコレートが大きく伸び、アイスクリームが大きく低下しました。
アイスクリームは夕食後や就寝前などではなく、夕食の一部として食べられているようです。アイスクリームを食べるタイミングが「19時以降の間食」から「夕食中」に変化しています。夕食のメニューの一部として捉えているようです。デザートが夕食に入ることで他のメニューとのバランスに影響するかもしれません。


グラフ1 40代-50代女性 甘いメニュー 夕食と間食傾向の比較
(左)夕食 (右)19時以降の間食

 40代-50代の単身女性は、夕食でケーキやアイスをはじめとしたスイーツを楽しんでいました。 さらに、夕食後のデザートから夕食中へと食べるタイミングに変化が見られました。このことは、お茶系飲料が好調なこととも関係してるように思えます。40代-50代女性が夕食で甘いメニューを食べるようになっている実態にチャンスがありそうです。




DNP調べ「食MAP 」より ※食MAPは株式会社ライフスケープマーケティングの登録商標です。
調査対象:首都圏30km圏内の単身世帯 
分析対象期間:2009年1月1日~2016年12月31日
食卓機会:夕食
調査手法:パネル調査 




   

  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

包装事業部 企画本部 山口 美穂