単身者の食卓変化 Vol.5 「単身者の傾向まとめ」 [食MAP]

998 View

 食MAP(※1)を使って、2009年~2016年の8年間の単身世帯の食卓変化を分析しました。
単身世帯は、未婚化、高齢化の影響で2040年には、全世帯の約4割に達するとされ(出典:国立社会保障・人口問題研究所調査)、DNPは、今後重要なマーケットとなると着目しています。
「単身者の食卓変化」では、全4回にわたり、20代~30代と40代~50代と男女の掛け合わせで4つのターゲットに分け、食卓にあがったメニュー、使われた材料から単身世帯の食卓の変化を分析しました。
今回はそのまとめです。


※1 「食MAP」とは

食品の購買から、調理、消費までをパネル形式で調査した、首都圏30km圏内在住400世帯(※2)の食卓データベースです。 1998年から毎日の食データを蓄積しており、 POSデータ等では分からない食生活の実態をとらえています。
※2:2015年10月より、360世帯から400世帯にモニターを拡充。


第5回(最終回)は、第1回~第4回のまとめとして、全体像を俯瞰し、単身世帯全体の傾向についてご紹介します(図1)。

全体を俯瞰してみると、大きく3つのポイントがありました。

図1 単身者世帯特徴俯瞰図


全ての属性に共通していた、野菜を摂りたい

野菜メニューが好調でした。しかし、属性によって、好調な野菜メニューが異なっていました。40代-50代男性は、サラダや野菜ジュースと手頃な野菜メニューが目立っていたのに対し、40代-50代女性は、手間の掛かる煮物メニューの惣菜も多く利用されていました。近年、健康ブームである中、その中で野菜はニーズの高い食材ですが、野菜の食べ方が属性によって異なるという点はポイントです。

男女間の「食の嗜好」の垣根がなくなっている

20代-30代男性において、ケーキや紅茶が夕食に登場する“甘党”などの特徴が見られた点や、20代-30代女性がお酒を飲む、肉食といった点、40代-50代男性がパンやコーンフレークの朝食メニュー、パスタやピザのイタリアンメニューを好んでいる点から男女間の垣根がなくなっていることがうかがえます(図中オレンジ文字)。

男女間、世代間の「健康意識」の差が浮き彫りに

女性は共通して、プルーンや大麦が好調であったことより、ダイエットや美容など健康への意識が高い傾向にありました。一方、男性では、美容を意識した様子は見られませんでした。しかし、男性では、世代間での違いが見られました。20代-30代男性では、鶏肉やこんにゃく、豆腐といったローカロリーな食材が目立っていました。
近年、サラダチキンブームが起きていますが、このブームは、20代-30代男性が牽引しているようです。40代-50代男性では、野菜ジュースやヨーグルト、納豆といった健康に良いとされる手軽な食品が目立ちました。性・年代により目指している目標が異なることがうかがえます(図中紫文字)。


全5回にわたり、単身者の食卓の変化をご紹介してきましたが、各属性の特徴、全体を俯瞰して見えてくる特徴があり、単身者の食卓として一括りにできないことが見えました。
今後も引き続き、生活者の食卓を追いかけ、実態を分析していきます。


DNP調べ「食MAP 」より ※食MAPは株式会社ライフスケープマーケティングの登録商標です。
調査対象:首都圏30km圏内の単身世帯 
分析対象期間:2009年1月1日~2016年12月31日
食卓機会:夕食
調査手法:パネル調査 


  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする

大日本印刷株式会社 包装事業部 イノベーティブ・パッケージングセンター 企画本部 山口 美穂