メディアバリュー研究 情報接触スタイル2015

998 View
情報接触スタイル2015
メディアバリュー研究 情報接触スタイル2015
オールメディア派

平均年齢35.1歳 男性45.5% 女性54.5%

マスメディアもインターネットも、多くのメディアを使ってアンテナを張る
20、30代で過半数を占める。マスメディアや販促メディア、ネットメディアなど、多くのメディアを利用して、情報収集をしている。流行に敏感で、ショッピングサイトや評価サイトにレビューを投稿するなど、買い物情報の受発信も活発。

スマホコミュニケーション派

平均年齢27.4歳 男性41.6% 女性58.4%

SNSでリアルタイムに友人とつながる、スマホ世代の若者
女性が約6割、学生が約4割を占める若者グループ。SNSやメッセンジャーなどでの友人とのやり取りが活発で、常にスマホでタイムラインをチェック。買い物では友人のお薦めやお店の店員からの情報などクチコミを重視するが、気になる商品は店頭でチェックして買い物を楽しむ。

 
PC中心派

平均年齢38.0歳 男性69.4% 女性30.6%

日常の買い物など、必要なことは何でもPCでこなすビジネスマン
男性が約7割、20~40代のビジネスマンが多い。スマホやタブレットも利用するが、PCからのネット利用が中心。飛行機や鉄道のチケットを予約したり、ネットバンキングを利用するなど、必要なことはなんでもPCで。PCからのネットショッピングの利用率は8割を超え、ネットでの買い物にも積極的。

スマホ活用派

平均年齢34.0歳 男性39.1% 女性60.9%

情報収集から買い物まで、スマホですませる子育てママ
30代の子育て世代が中心。スマホからインターネットを利用する割合が高く、PCはほどんど利用しない。チラシやパンフレット、通販カタログなどもスマホで利用。情報収集と買い物をスマホに集約し、スマホの中でトレンドやお気に入りのものを見つけている。

 
メディア低関与派

平均年齢38.3歳 男性47.8% 女性52.2%

スマホは利用するものの、情報収集や買い物への関心が低い
10~30代を中心に幅広い年代がいる。テレビ以外のメディア接触が極端に低く、約7割がスマホを、約6割がPCを利用しているものの、音楽や動画、ゲームなどをしている程度。買い物への関心も低く、手間をかけずに済ませている。

リアルクチコミ派

平均年齢40.4歳 男性39.8% 女性60.2%

商品やサービス選びでは、身近な人からのクチコミを重視
女性が約6割を占め、有職主婦の割合が最も高い。日々、友人や家族からのクチコミを中心に情報をみており、買い物情報のやり取りも活発に行っている。PC、スマホ、フィーチャーフォンからインターネットを利用しているが、積極的な利用はしていない。

 
ダイレクトメディア派

平均年齢56.0歳 男性39.7% 女性60.3%

折込チラシ、ダイレクトメール、パンフレットなど自分に届くメディアを中心に、買い物情報を吟味
女性が6割、60代が5割を占め、平均年齢が最も高い。折込チラシ、ダイレクトメール、パンフレットなどの販促メディアを中心に利用。買い物への関心は高く、リアル店舗を中心に多くのチャネルを利用するほか、品質や評判など様々な視点から吟味して買い物をしている。

マスメディア派

平均年齢52.0歳 男性56.3% 女性43.7%

テレビ、新聞の情報があれば十分、買い物も慣れ親しんだやり方で
男性が約6割、50、60代が約6割を占める。テレビ、新聞の利用率は100%。折込チラシの利用も高く、日々慣れ親しんだメディアを利用。商品へのこだわりは低く、使い慣れたわかりやすいものを、身近な店舗で購入する。

 

■情報接触スタイル


  • LINEで送る
  • Facebookでシェアする