第1の責任「価値の創造」 社会の発展への貢献

2014年12月01日

新しい電子の本「honto pocket」を対象に、インクルーシブデザインワークショップを実施

 インクルーシブデザインとは、高齢者・障がい者・外国人など、従来、デザインプロセスから除外されてきた多様な人々を、デザインプロセスの上流から巻き込むデザイン手法のことです。

DNPでは、2014年7月16日(水)、年内に発売予定の新しい電子の本「honto pocket(ホント ポケット)」をより多くの方が使いやすいものとすることを目的に、インクルーシブデザインワークショップを当社施設で行いました。

当日は、株式会社インクルーシブデザイン・ソリューションズの協力のもと、83歳の読書家の方・弱視のため普段ルーペを使って読書をされる方・上肢障害があり片手の握力が弱い方など、社会の中で不便を感じつつも、その解消のために様々な創意工夫をしているユーザー(リードユーザー)の方々に「honto pocket」を試してもらい、様々な角度からご意見をいただきました。

参加者からは、「安定感のあるコンパクトなフォルムや3つのボタンだけのシンプルな操作が使いやすい」、「(使用されている電子ペーパーは紙と同じように反射光を利用するため)文字が見やすく、目が疲れにくい」などの声があり、操作性・視認性において高い評価を得ることができました

このワークショップを通じて、『誰にでも楽しい読書体験を提供する』という「honto pocket」のコンセプトが利用シーンにおいて実現される可能性を実感できたとともに、リードユーザーならではの視点や普段の生活の様子をお聞きすることで、担当する社員にも多くの気づきがありました。

 DNPでは、これからも事業に多様な人々の視点を取り込み、できるだけ多くの方々が使いやすい製品やサービスを生み出していきます。