第1の責任「価値の創造」 社会の発展への貢献

2014年09月05日

カラーユニバーサルデザインの継続的な取組みが海外向け情報番組で紹介されました

DNPは、すべての製品やサービスが、多くの人にとって利用しやすいものとなるようユニバーサルデザインの取組みを推進しています。なかでも、創業以来、DNPの事業において重要な役割を果たしてきた「色」にフォーカスし、多くの人に見やすい配色を実現するカラーユニバーサルデザイン(以下、CUD)に取り組んできました。

DNPのCUDの取組みは、2007年に「CSR報告書」でCUD認証を取得したことから始まり、印刷会社のなかでも最多の認証支援実績を築いてきました。また、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(以下、CUDO)や賛同企業とともに、2013年より年2回のセミナーを通して広く社会や企業へ啓発をしてきました。そして、さらなるCUDの拡大を実現するために、従来のCUD認証より短期間で、多品目の印刷物を同時にCUD対応できるカラーユニバーサルデザイン・マネジメントシステム認証の開発に協力し、印刷業界で唯一の事業者認定を取得。国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD)より、「IAUDアウォード2013銀賞」を受賞しています。

このような企業姿勢が評価され、NHKが約140の国や地域に向けて多様な情報や番組を発信する「NHKワールド」で、DNPグループがCUDを推進する意義についてのインタビューをはじめ、実際の制作工程や製品事例などが7月28日に紹介されました。

今回の放映を機に、一層CUDの普及に寄与すると同時に、それらに対応した製品づくりを推進し、「ユニバーサル社会の実現」に貢献していきます。

⇒【関連情報】「カラーユニバーサルデザイン・マネジメントシステム認証」の事業者認定を取得

⇒【関連情報】ユニバーサルデザインの啓発・普及に貢献「IAUDアウォード2013銀賞」

※国際ユニヴァーサルデザイン協議会は、ユニバーサルデザインの普及と実現を通して、社会の健全な発展とくらし創りを目指す国内最大の推進団体です。その中で「IAUDアウォード」は、ユニバーサル社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行なっている団体・個人を表彰するものです。