第1の責任「価値の創造」 社会の発展への貢献 事業創造型の研究開発

印刷技術と情報技術の応用発展により事業領域を拡大してきたDNPにとって、研究開発は重要な企業活動と言えます。変化の激しい時代にあって、生活者の視点に立ち、社会で起きていることをよく見て、どのような課題が存在し、その解決に必要な技術は何か、いち早く見極める必要があります。その上で、DNPの独自技術を開発するとともに、強みを持った他社との連携も積極的に推進し、技術開発のスピードを速めています。

研究開発体制

DNPの研究開発は、研究開発センター、技術開発センター、AB(アドバンストビジネス)センターおよび事業分野の開発部門を中心に推進しています。

DNPの研究所一覧

印刷技術(PT)と情報技術(IT)

長年にわたって培ってきた印刷技術(PT)と情報技術(IT)を融合させて、顧客や生活者の課題を解決し、新たな価値の創出をめざす。DNPは、本業を通じた社会への貢献こそが、CSRの基本となる取り組みであると考えます。市場動向や技術が大きく変化するなか、研究開発部門は独自技術を発展させて、新たな「解決のタネ」を生み出し、より高度なソリューションを提供することで、顧客の信頼に応えていきます。

PT(Printing Technology)とは?
情報や機能を形にし、また複製するコア技術。
材料技術 新たな材料を合成あるいは分散・混合する技術。
(例) インクや接着剤、感光性材料、コーティング材料などの設計・製作技術
パターニング技術 基材に文字、画像や柄などを形成する技術。
(例) 刷版技術、活版・オフセット・グラビア印刷技術、リソグラフィ技術、インクジェットなどの無版印刷技術
コンバーティング技術 材料の形を変える、あるいは複合するなどの材料加工技術。
(例) 製膜、コーティング、ラミネート、賦型、転写、切断や研磨、製袋・成型や製本など、紙やフィルムの素材加工技術
IT(Information Technology)とは?
人とのコミュニケーションを実り豊かなものにするコア技術。
情報処理技術 情報の変換、蓄積、伝達する技術。
(例) 文字・画像処理、編集技術、データベース作成技術、CG技術
HMI 技術 (Human Media Interaction) 人と情報の関わりあいに関する技術。
(例) フォント設計、カラーマッチングなどの表現技術、IF技術、自然言語処理技術
情報セキュリティ技術 正しい対象に、正確に伝達、保管し、不正利用を防ぐ技術。
(例) 暗号処理技術、個人データ処理技術、著作権管理技術、バイオメトリックス
 

DNPの技術開発の方向性と製品・事業