3つの責任の前提 事業継続のための体制構築

2016年07月05日

【2015年度活動報告】ハード・ソフト両面から中枢機能確保を強化

DNPは、新しい価値を創造していく拠点とすべく、本社がある東京・市谷地区の再開発を2010年から進めています。 2015年には、地上25階/地下4階のDNP市谷加賀町ビル(写真)が完成しました。

このビルは、大規模地震発生時にもDNPグループ全体の中枢機能を担うため、最新の防災システムが取り入れられています。 建物は免震構造となっており、床や壁には、揺れを制御するダンパーが組み込まれています。 非常用発電機やコジェネ発電機により電力を確保し、市谷地区全体で熱源や電力を効率良く活用し、融通するスマートグリッドを採用しました。 食料や飲料水などの備蓄品は防災倉庫に完備し、一時滞在に備えています。

また、入居する社員の防災力を高めるため、2016年3月、大規模防災訓練を実施し、約3,500名の社員が全業務を停止して参加しました。 低層階から出火したとの想定で、発見・通報・初期消火の一連の活動を行い、25階層全館から階段を使って避難しました。