第2の責任「誠実な行動」 環境保全と持続可能な社会の実現

2013年03月21日

サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量Scope3(スコープ3)を算定し、公表しました

自社だけでなくサプライチェーンを通じた温室効果ガスの排出量(Scope3:スコープ3)を把握することが、社会的な要求になりつつあります。Scope3算定により排出量の多いカテゴリを明らかにし、より効率的な対策を実施することで、排出量管理がさらに向上していくものと期待されています。
このような社会的な要請を受け、この度DNPでもScop3を算定し、公表しました。
DNPの製品には、完成品・中間材の両方がありますが、いずれも出荷後の使用段階などでの温室効果ガス排出量については不明確でした。Scope3算定を通じ、今後の製品設計に有効な情報を得られる可能性があり、完成品と中間材の両方を製造するDNPの試算は、社会的にも意義のある事例になると考えています。
今後も、継続的に排出量の推移を確認するとともにデータ収集の効率化を図り、算定範囲の拡大と算定値の精度の向上をめざしていきます。

主な施策:地球温暖化防止への取り組み