第2の責任「誠実な行動」 環境保全と持続可能な社会の実現

2014年10月24日

【環境活動報告】 DNP中部の環境活動

モノづくり企業であるDNPは、事業活動を行うにあたり、生物および地球環境からさまざまな恩恵を受け、同時に影響を与えています。DNP中部でも、生物および地球環境との共生を常に考え、さまざまな環境活動に取り組んでいます。
>> DNPグループ生物多様性宣言

東山動植物園の絶滅危惧種の保護啓発支援

DNP中部では、2013年2月28日に東山動植物園と「東山動植物園の支援・協力に関する覚書」を締結し、絶滅危惧動物の保護啓発について支援を行っています。

2014年も、前年に引き続き、野生で生息数が減少している絶滅危惧種「フンボルトペンギン」の繁殖支援のため、100万円の寄付を行いました。

また、同園にいる41種の絶滅危惧動物の保護啓発のため、昨年同社が寄贈した屋外説明看板も、本年も引き続き各飼育エリアに掲出されています。

東山動植物園のフンボルトペンギン ©東山動植物園

絶滅危惧種の屋外説明看板(フンボルトペンギン)

「蝶が飛び交うファクトリープロジェクト」

DNPグループ生物多様性宣言に基づき、事業所周辺のいきもの調査により名古屋市レッドデータブックにおいて絶滅危惧種IB類に指定されている「ジャコウアゲハ」を発見しました。 この「ジャコウアゲハ」を敷地内で保護する取り組みを2012年3月より行っています。

DNP中部の事業所敷地に飛来したジャコウアゲハ

敷地内には、ジャコウアゲハの食草であるウマノスズクサやブルーベリーを植えています

「庄内川アダプト活動」参加と小学校での環境ワークショップ実施

庄内川アダプト活動は、より良い河川環境を実現し誇りが持てる庄内川を目指し、国土交通省庄内川河川事務所支援のもと、沿岸に暮らす市民と企業とが協働して取り組む自主的な 環境保全活動です。DNP中部は2011年より大日本商事、DNPロジスティクスと「庄内川ヨシ刈り活動」に参加しています。
2013年は、活動に参加する名古屋市立当知小学校6年生の卒業証書を、刈り取ったヨシで抄造したヨシ紙で制作するとともに、学校を訪問し「ヨシがもつ水質浄化作用」のワークショップを行いました。

庄内川ヨシ刈り活動の様子

当知小学校でのワークショップ「ヨシがもつ水質浄化作用」