第2の責任「誠実な行動」 環境保全と持続可能な社会の実現

2014年12月11日

CDPの「気候変動パフォーマンス先進企業」ならびに 「フォレストセクターリーダー」に選定

DNPは、CDP※が毎年発表する「クライメート・パフォーマンス・リーダーシップ・インデックス(以下、CPLI )」ならびに「フォレストセクターリーダー」に、今年度初めて選定されました。

CDPは、世界の上場企業約5,000社(日本企業500社)を対象に、企業の温室効果ガス排出量の削減および気候変動リスクの緩和に対する活動状況を調査し、パフォーマンス評価とディスクロージャー評価の2項目で優れた企業を毎年選定しています。

DNPは、パフォーマンススコアで最高評価の「A」を得て、CPLI に世界187社(日本24社)の1社として選ばれるとともに、ディスクロージャースコアで94点(100点満点)という評価を得ました。

また、森林破壊の直接的・間接的要因となる森林リスクコモディティのリスク管理に関する調査「CDP Global Forests」において、「セクターリーダー」に世界12社の1社として選出されました。

DNPは、今後も気候変動緩和に向けて積極的な取組みを行うとともに、持続可能な森林資源の利用などのさまざまな環境活動を進め、環境先進企業としての責任を果たしていきます。

※CDP:企業や都市の重要な環境情報を測定、開示、管理し、共有するために グローバルシステムを提供するイギリスの国際的な非営利団体