第2の責任「誠実な行動」 環境保全と持続可能な社会の実現

急激な経済発展や人口の急増などにより、世界規模で環境破壊が進み、気候変動、野生動植物の減少、エネルギー資源の枯渇、水資源の不足などのさまざまな課題に直面しています。DNPは、モノづくり企業として、地球環境との共生をたえず考えています。自然の恵みを大切にし、自然との共生を図りながら、次世代に引き渡すことは、環境の世紀と言われる21世紀を生きる私たちが最優先で取り組むべき課題です。DNPでは、行動規範に「恵み豊かな地球を次世代に受け渡していくため、持続可能な社会の構築に貢献します」と掲げ、地球温暖化の防止、生物多様性の保全および資源の有効活用などにグループをあげて取り組んでいます。

 

環境活動に関する方針/宣言

DNPでは、環境活動に積極的に取り組む姿勢を打ち出すため、2000年に「DNPグループ環境方針」を定めました(2010年改訂)。また、環境に関する重要なテーマとなっている生物多様性の取り組みを強化するため、2010年に「DNPグループ生物多様性宣言」を定めました。

環境目標/環境マネジメントシステム

継続的に環境活動に取り組むため、「DNPグループ環境目標」を定めてます。また、取り組みを実効的なものとするため、ISO14001が発行される前の1993年から、DNPグループ独自の「環境マネジメントシステム」を構築しています。

環境パフォーマンス

DNPでは、紙・フィルム・樹脂・金属(鉄・アルミなど)およびインキを主要原材料として、生活者の日常生活に密着した製品を製造しています。独自の環境マネジメントシステムを活用し、原材料調達から使用・廃棄に至るまでの環境負荷削減を進めています。

  • 環境パフォーマンスデータ
  • 主な施策:地球温暖化防止への取り組み
  • 主な施策:生物多様性への取り組み