3つの責任の前提 法令と社会倫理の遵守

2015年01月29日

「自律的企業倫理研修」を国内外で実施

DNPは、各組織が自主的・自律的に行う「自律的企業倫理研修」を2003年より実施しています。2014年度も7月から9月にかけて国内外で延べ125回の研修を実施しました。

この自律的企業倫理研修は、事業部・グループ会社等のトップ自らが講師となり、自らの言葉で自組織の取り組むべき課題やその解決方法を部下に分かりやすく説明することで、企業倫理のより一層の浸透・定着を図るものです。

DNPグループの海外製造拠点の一つであるDNPインドネシアでは、今年度も部長以上の幹部を対象に教育を実施しました。DNPグループの行動規範や同社のビジョン・ミッションのほか、留意すべきリスクと対応策等についてインドネシア語を用いて理解徹底を図りました。また、そのほかの海外拠点においても、法令遵守はもとより、情報セキュリティやハラスメントに関する教育等を、各々の地域の事業環境に則した内容を織り込むなど実効性を高めるための工夫をこらし行ないました。国内においても同様に、トップからの一方的な伝達に終わらせないよう対話形式で講義を行ったり、どこにでも起こりうる事例について寸劇を通して伝えたり、グループディスカッションや講義終了後に確認テストを実施するなど、各組織で自律的に工夫をこらして実施しています。

今後も、自律的企業倫理研修やコンプライアンス評価制度等の実施を通じて、グループ全体に企業倫理の浸透・定着を図っていきます。