3つの責任の前提 法令と社会倫理の遵守

2016年07月05日

【2015年度活動報告】海外拠点の社員を対象とした教育を強化

DNPでは、「企業倫理の浸透・定着ならびに内部統制およびリスクマネジメントの実効性向上」を中期目標に掲げ、全社的に取組みを進めています。 国内の既存拠点については、各組織が自律的企業倫理研修を継続的に実施するとともに、新たにグループに加わった新規拠点についても、企業倫理の浸透・定着を目指した活動に取り組み、内部統制の体制強化を進めています。

海外拠点については、昨今の市場や課題のグローバル化を受けて、2014年より取組みを強化しています。2014年は、専門家の客観的意見も取り入れ、海外拠点のリスク自己点検を実施しました。 2015年は、その点検結果を分析し、リスク対応を進めました。 そのひとつが、海外事業活動に従事する社員への教育の強化です。一例として、競争法の特色や事業活動上の留意事項についてまとめた「DNPグループの海外事業活動における競争法の遵守についての留意点」を策定し、社員に周知・教育を行いました。

事業活動におけるリスクは、海外のそれぞれの地域で異なります。 今後も、地域ごとのリスクに見合った対応を進めるとともに、社員教育などを、継続して行っていきます。