第2の責任「誠実な行動」:企業市民としての社会貢献

2013年06月10日

地域社会

フェアトレード月間キャンペーン2013 実施しました

発展途上国の原料や製品を継続的・安定的に適正な価格で取引することで、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立をめざす「フェアトレード」。

5月第2土曜日の「世界フェアトレードデー」に合わせ、DNPでも「フェアトレード月間キャンペーン」として、社員がフェアトレード認証製品を体験できる機会を設けました。

このキャンペーンは継続的に行っており、今年で4回目となります。

【食堂で体験】フェアトレードチョコレートを使ったケーキを販売 

〜24拠点で1,920個が完売〜

毎年好評のデザート企画。今年は、フェアトレードチョコレートを使用し、オレンジピールの入ったさわやかなケーキを販売しました。 5月13日(月)より、札幌から岡山までの全国の社員食堂で実施し、実施拠点数はこれまでで最多の24ヶ所となりました。男女を問わず購入する姿が見られ、1,920個が完売しました。

【カフェで体験】フェアトレードチョコレートバーを販売 

〜3ヶ所の社内カフェで288個を完売〜

5月20日(月)から、市谷・南館の食堂とカフェ、DNP五反田ビルのカフェ、そして市谷田町ビルの「honto(ホント)カフェ」において、フェアトレード認証チョコレートバーを販売しました。従来よりこれらのカフェでは、フェアトレード認証コーヒーを販売しています。フェアトレードコーヒー×フェアトレードチョコレートで、美味しくて社会貢献のできるカフェタイムを提供しました。

また、「hontoカフェ」は生活者向けショールーム「コミュニケーションプラザ ドットDNP」にあるため、社外の方も手に取る姿が見られ、フェアトレードを多くの方に知ってもらうきっかけづくりができました。