第2の責任「誠実な行動」:企業市民としての社会貢献

2015年02月19日

環境保全

環境ワークショップ「まなびの森」を実施

DNPはペンギンを通じて地球環境について考えるワークショップ「まなびの森」を、東京・市谷「コミュニケーションプラザ ドットDNP」(1/12)と大阪「カフェラボ」(2/7)で行いました。

DNPのイメージキャラクター"DNPenguin"のモチーフでもあるペンギンの生態系が、人間の活動に起因する地球温暖化や海洋汚染・森林破壊などによって危機に瀕していると指摘されています。本ワークショップは、そのようなペンギンの生態や環境を知ることで、現在の地球環境が直面している課題について考える機会を提供するものです。

当日はペンギン研究家の上田一生(うえだ かずおき)さんを講師に迎え、映像や写真などでペンギンについて学ぶとともに、「すみだ水族館」のペンギン飼育スタッフから本物の卵の殻や羽などを使ったペンギンの成長についてのお話を聞きました。皆さん熱心に耳を傾けていました。

東京では午前・午後の2回、大阪では午後1回の合計3回を実施し、小学生から大人まで170名を超える方の参加がありました。

DNPはこれまでも環境保全活動や環境配慮製品の開発などを行ってきましたが、それらに加えて、このようなワークショップを通じて生活者の方々と一緒に地球の未来を考える活動も行っていきます。環境ワークショップ「まなびの森」は今後も継続的に開催する予定です。

   【関連記事】みらいドットDNP:ペンギンの生態をきっかけに環境問題を考えてみよう!