第2の責任「誠実な行動」:企業市民としての社会貢献

2017年11月06日

人道支援

東日本大震災復興支援−社員・家族による現地ボランティアを実施しました‐活動1日目

2017年10月13、14日、DNPは東日本大震災復興支援活動の一環として、宮城県石巻市大橋地区および雄勝地区にて、グループ社員による支援活動(第9回)を行いました。

参加者の募集にあたっては今回もその募集枠を先の7月に実施した第8回目と同様に、社員の家族にまで拡げて行いました。その結果、発災から6年半が経過し、社会の関心が薄らぐ中、震災の怖さやそこで得た教訓をより幅広く語り継いでいく必要があるとの趣旨に賛同した社員28名、配偶者3名、の計31名が参加しました。

活動1日目は午前に石巻市内で甚大な被害を受けた南浜・門脇地区を視察し、午後には大橋地区での仮設団地にて清掃支援活動を行いました。同仮設団地は総戸数540戸の大規模仮設団地ですが、復興住宅への転居が進み、入居戸数が減少傾向したことで、自治会が解散し共益部分(集会所・ごみ置き場・駐車場)の清掃や、空き部屋周辺の除草などの維持・管理に手がまわらない状況でした。 そこで支援活動では個別のお宅での清掃に加え、共益部分の維持・管理支援作業を行いました。

仮設団地の清掃支援活動を通し参加者からは、

「仮設住宅で実際に住まわれている方とお会いし、短時間ではあったがお話をすることができて良かった」

 「震災から月日が経っていることもあり、報道で見ても感じることは少ないが、実際に見ることによって考えることは確かにあった」

等の感想が寄せられました。

DNPはこれからも被災地復興のため、常に私たちに何ができるかを考え、被災地の復興と活性化につながる活動を継続していきます。


「大日本印刷の社員ボランティアの皆さんによる支援活動」
http://yappesu.jp/news/2017/10/17555/
(外部サイト)