第2の責任「誠実な行動」 製品・サービスの安全性と品質の確保

2014年04月03日

品質向上に向けたグループ横断型活動「生産革新実践会」の実施

DNPでは、高い品質の製品を社会に届けることをめざしたグループ横断型の取り組みとして、IE(Industrial Engineering)手法を活用した製造工程の生産革新実践会を継続的に実施しています。

これまでの製造工程中心の活動だけでなく、物流加工部門においてもIE手法を物流加工部門に特化させたLE(Logistics Engineering)手法を活用して物流加工センターで改善活動を進めています。この活動は、外部コンサルタントとともに各物流加工拠点と本社研究所が協働し、業務フローや作業方法に関して科学的な分析を行い、全員で改善のアイデアを出し合います。この結果、業務の標準化が図られ、生産性や品質が大きく向上するとともに現場の意識改革にもつながり、改善を継続していく風土が構築されました。