第2の責任「誠実な行動」 安全で活力ある職場の実現

DNPは、企業が社会に役立つ新しい価値を提供していくためには、そこで働く社員が安全で快適に、仕事に高いやりがいを持って、自由闊達にいきいきと働ける環境が何よりも大切であると考えています。グループの力の源泉である多様な社員一人ひとりの意欲を生み、より力を発揮していけるように取り組んでいます。

 

人事労務施策の基本的な考え方

DNPは、社会に貢献するという事業ビジョンの実現及び社員自らの成長と自己実現を同時に図ることのできる創発的な企業風土づくりが重要であると考えています。それぞれの価値観を尊重し、自らの能力を高め、努力を惜しまず、お互いに協調して対話を深めることができる自由闊達な風通しの良い職場づくりのため、さまざまな施策を展開しています。

DNPでは、特に自立した社員を支援する人事制度や自己実現を支援する研修制度の充実を図っています。

  • 社内人材公募制度
  • 自己申告制度
  • FA制度
  • 社内留学制度
  • 社内ベンチャー制度
  • 専門職制度
  • マイスター制度
  • 資格取得奨励制度
  • 表彰制度
  • キャリア相談室
  • 研修プログラム
 

人事労務・人材育成の取り組み模式図

安全で健康的な職場づくり

DNPグループでは、社員が安心して快適に働けるよう、さまざまな角度から取り組みを進めています。

職場の安全衛生については、「DNPグループ安全衛生管理規程」に基本方針や推進体制などを定め、これに基づき「労働災害防止基本計画」を作成し、各組織での労働災害防止のための活動を推進しています。また、社員とその家族の健康保持増進のために「健康保持増進基本計画」を作成し、社員個別のニーズに応じて健康保持増進を図れるような仕組みを取り入れ、活動しています。

災害等、不測の事態に対しては、「DNPグループ災害対策基本規程」に基本方針や推進体制を定め、社員および関係者の安全を確保し、様々なステークホルダーに安心していただけるよう防災対策を進めています。防災施策の基本事項は「防災基本計画」に定め、それに沿って事業部・グループ会社ごとに「防災業務計画」と「事業継続計画(BCP)」を作成し、予防対策を強化するとともに教育と訓練により実効性を高めて災害に強いDNPグループを目指しています。

労働災害防止の取り組み

不測の事態に備えた防災体制

健康保持増進の取り組み