第2の責任「誠実な行動」 情報セキュリティの確保

2016年05月27日

海外グループ会社に情報セキュリティ委員会を設置し、グローバル体制を強化

DNPは、顧客企業や自社の情報資産を適切に保護するため、管理体制の強化や社員教育に取り組んでいます。従来よりその推進のため、国内拠点においては、各事業部・グループ会社に情報セキュリティ委員会を設置していました。情報セキュリティ委員会は、委員長、個人情報管理責任者(ともに各組織の長が担当)のもと、教育、コンピュータ対策など課題ごとの責任者や点検責任者を任命しているマネジメント体制です。

2015年度は、昨今の事業活動のグローバル化を受けて、世界的な取り組みを強化するため、海外グループ会社7社に情報セキュリティ委員会を設置し、海外拠点での運用を開始しました。また、その体制のもと社員教育を充実させるため、教育ツールである冊子「情報セキュリティ入門第7版(2015年度版)」を9か国語対応しました。

統括組織である本社・情報セキュリティ委員会を中心としたグローバルでの一貫した情報セキュリティ管理体制を今後も進め、国内外で保有する様々な情報資産を保護することによって、信頼される企業をめざしていきます。

<情報セキュリティ委員会が設置された海外グループ会社> 

Tien Wah Press (Pte.) Ltd.

シンガポール

TWP Sdn. Bhd.

マレーシア

DNP Imagingcomm Asia Sdn Bhd

マレーシア

DNP Imagingcomm America Corporation

アメリカ

DNP Imagingcomm Europe B.V.

オランダ

DNP Photo Imaging Europe SAS

フランス

DNP Photomask Europe S.p.A.

イタリア