第2の責任「誠実な行動」 情報セキュリティの確保

2016年05月30日

日本シーサート協議会に加盟

近年、サイバー攻撃が巧妙化・高度化し、一企業だけでは対応できないことが増えてきました。DNPは、従来より情報セキュリティ方針を定め、体制の強化に努めてきましたが、このたび、コンピュータセキュリティにかかるインシデント(不測の事態)への対応強化を図るため、日本シーサート協議会に加盟しました。今後、外部機関や他社の シーサートとの情報共有や連携を通じ、自社のさらなるセキュリティ強化とインシデントの早期検知・迅速な対応を図っていきます。

※シーサート(CSIRT:Computer Security Incident Response Team)とは、コンピュータセキュリティにかかるインシデントに対処するための組織の総称です。主な活動としては、インシデント関連情報・脆弱性情報・攻撃予兆情報の収集分析、対応方針や手順の策定などが挙げられます。シーサートにはさまざまな種類があり、目的、立場(組織内での位置づけ)、活動範囲、法的規制などの違いからそれぞれ独自で活動を行ってきました。しかし、コンピュータセキュリティインシデントの攻撃がより巧妙かつ複雑になってきた現在、迅速な対応が、単独なシーサートでは困難な状況になっています。そこで、同じような状況や課題を持つシーサート同士が互いに協調し、共通の問題を解決する場として、日本シーサート協議会が設立されました。