第2の責任「誠実な行動」 サプライチェーンを通じた社会的責任の推進

2014年09月03日

「CSR調達の推進活動に関する説明会」を実施

DNPは、2006年に「DNPグループCSR調達規準」を制定し、サプライヤーの遵守状況を定期的に確認するなど責任ある調達に取り組んでいます。この取組みをより推進するため、今年度の遵守状況調査に先立ち、あらためて主要原材料のサプライヤーを対象に「CSR調達推進説明会」を実施しました。

説明会では、特に社会から求められている「人権」、「腐敗防止」、「環境」についての最新動向と、こうした課題にサプライチェーン全体で取り組む重要性について、具体的事例等を交えながらDNPの考え方を説明しました。説明会に参加したサプライヤーの皆様からは、アンケートを通じて自社の活動の参考になったという意見を数多くいただきました。

DNPは、9月末に予定している今年度の「CSR調達規準」遵守状況調査について内容の見直しを図り、今まさに社会から問われている課題の解決に向けた企業の活動状況を問うものとしました。今後は調査により得られた結果をもとに、サプライヤー各社へのフィードバック、さらには必要に応じ実地確認等の活動を通じてサプライチェーン全体での責任ある調達を進めていく予定です。