第2の責任「誠実な行動」 サプライチェーンを通じた社会的責任の推進

2016年07月05日

【2015年度活動報告】「CSR調達規準遵守状況調査」の優良サプライヤーを選出

社会の持続的発展を阻害するさまざまな課題を解決するには、サプライチェーン全体の関係者が価値観を共有し、連携して取り組んでいくことが重要です。

DNPは、2006年3月に「DNPグループCSR調達規準」を制定し、同年より「CSR調達規準遵守状況調査」を毎年行っています。 2015年はその連携をより強化するために、「CSR調達規準遵守状況調査」の結果をもとに優良サプライヤーを選出しました。

選出にあたっては、『CSR調達規準遵守状況調査の評価において、3年間連続で最高スコア(100点)であること』『ここ数年で企業不祥事がないこと』などのサプライヤー表彰規定を設けました。

この規定に従い、選考を行った結果、2015年の優良サプライヤーは約30社となりました。 これまでのDNPのCSR調達に対する連携協力の感謝とともに、今後のさらなるレベル向上のお願いを込めて、優良サプライヤーの皆さまには感謝状をお送りしました。