第3の責任「高い透明性(説明責任)」 情報の適正な開示

DNPが社会とともに持続的に成長していくためには、ステークホルダーである「株主」「顧客・生活者」「サプライヤー」「地域社会」「社員」との信頼構築が不可欠と考えています。自らの事業内容や企業活動について、あらゆるステークホルダーに正しい理解をしていただくために、こうした情報を積極的に開示し、説明責任を果たします。また、DNP自身がどのように見られているかを正しく認識するために、しっかりと「対話」してステークホルダーの意見を聞き、「対話」から得られた課題や期待に真摯に応えていくことで、信頼される企業を目指していきます。

 

コミュニケーションの充実による適切な情報開示

DNPでは年間活動計画を策定し、ステークホルダーとのコミュニケーション機会の拡大に努めています。また、社会の変化、多様化に応じ、新たなコミュニケーションツールの活用も進めています。

<情報マネジメントの年間活動計画>

DNPでは、情報マネジメントの年間活動計画にもとづき、適時・適切な情報発信に努めています。

<コミュニケーションツールの充実>

DNPは、社員一人ひとりが日々さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを進めていくなかで、しっかりと「対話」してステークホルダーの意見を聞くとともに、自ら進んで正しい情報を適時に提供していくため、さまざまなコミュニケーション手段やコミュニケーションツールの充実を図っています。

ステークホルダー コミュニケーション手段 コミュニケーションツール
株主・投資家
  • 株主総会
  • 施設見学会
  • 投資家向け個別ミーティング
  • 技術セミナー
など
  • アニュアルレポート
  • データブック
  • 株主通信
  • ウェブサイト
など
顧客(企業・生活者)
  • 商談による情報交換
  • 工場見学
  • 顧客アンケート
  • ビジネスショウへの出展
など
  • 会社案内
  • 各種製品・サービスのパンフレット
  • DNPオリジナル情報誌「Solutions Dispatch」
  • ウェブサイト
など
社員
  • 上長面談
  • 労使懇話会
  • ライフプランなどの各種相談室
  • 社員アンケート
など
  • イントラネット
  • 社内報、映像社内報
  • 各種ガイドブック類
など
取引先
  • 商談や監査時の情報交換
  • CSR調達規準遵守状況調査
  • サプライヤー・ホットライン
など
  • CSR調達規準遵守状況調査 調査表・評価シート
  • サプライヤーへの要望事項
  • ウェブサイト
など
地域社会
  • 工場見学
  • 施設の貸出
  • 地域防災、防犯、消防活動
  • 地域イベントへの参加
など
  • 住民説明会
  • グラフィックデザインアニュアル
  • ウェブサイト
など