伝匠美 文化財の保存と次世代への継承

文化財の保存と継承

公開と保存の課題

寺社城郭などの歴史的建造物、庭園、仏像、日本画など日本古来の文化財への関心は高く、文化財を見たい、訪れたいというニーズはますます強くなっています。

一方、文化財を保有する寺社などの多くは、文化財をまもるため美術館・博物館などしっかりした収蔵庫を持つ機関に寄託するか、自ら専用の収蔵庫を作って保管するか、その対応に苦慮されていますが、そのことによって文化財を鑑賞する機会が減ってしまうのも事実です。

つまり、公開を優先すると劣化のリスクを抱え、保存を優先すると公開性が低下するという相反する課題に直面されています。

▲ページTOPへ