伝匠美 文化財の保存と次世代への継承

伝匠美事例のご紹介

豊国神社 六曲一双屏風

豊国神社 六曲一双屏風

原本

所蔵先 豊国神社(京都市東山区)
形態 六曲一双屏風
作者・
技法・
作品名
狩野内膳
紙本金地着色
「豊国祭礼図屏風」

伝匠美

撮像方式 スキャニング方式
印刷方式 「伝匠美」専用機
複製方式 現状再製

記録資料としても貴重な桃山時代の傑作の「伝匠美」

重要文化財「豊国祭礼図屏風」は、秀吉のお抱え絵師・狩野内膳が描いた六曲一双屏風で、秀吉の七回忌に当たる1604年8月に盛大に挙行された「豊国大明神臨時祭礼」の模様を描いたものです。賀茂祭や祇園祭のように毎年行われる祭りではなく、一度限りの臨時祭礼を題材としており、“桃山の熱気を伝える傑作”、“近世風俗画の先駆をなす優品の一つ”と言われています。また、屏風制作の動機や時期、筆者が判明しているため、記録資料としても非常に貴重な作品です。
金箔上に直接高精細な印刷を施す特許技術により、「豊国祭礼図屏風」の特徴である全面にたなびく金雲や金地の質感を忠実に再現しました。

豊国神社
豊国神社とは

豊国神社は、豊臣秀吉公を祀り、全国に点在する豊国神社の総本社です。境内には北政所おね様を祀る貞照神社も鎮座し、出世開運・良縁成就の神様として崇敬されています。 神社正面には伝伏見城遺構の国宝「唐門」がそびえ、また重要文化財「 豊国祭礼図屏風」「名物骨喰藤四郎」など多数の宝物を所蔵しています。

▲ページTOPへ