企業情報

株式会社DNPファインケミカル 代表取締役社長 野坂良樹

2009年、私たちは主力事業の一つであった国内印刷インキ事業を分割し、翌2010年には社名を「ザ・インクテック株式会社」から「株式会社DNPファインケミカル」へと変更いたしました。
それは創業120年を超える私たちの歴史が、新たなるフェーズに入ったことを意味しています。私たちは今、まさに未来に向けての第一歩を踏み出したのです。

現在、DNPファインケミカルではさまざまな機能性材料を開発しています。その内容はUVインクジェット用インクからディスプレイ材料、半導体材料、そしてエネルギー関連材料まで、じつに幅広い分野に及んでいます。

私たちには、DNPグループの材料開発メーカーとして、グループ全体の発展を下支えしてきた歴史があります。しかし私たちを取り巻く昨今の市場環境は、年々厳しさを増しているのが実情です。そうした状況下で、私たちがDNPグループの一員として求められていることは、DNPグループの材料についての課題解決力と技術開発力をさらにレベルアップさせ、そのノウハウを活用して、積極的に“外”へと飛び出す姿勢です。

さらに、グループの“外”で独自のニーズを掴み、新たな製品を創造すること。そして“海外”の市場を開拓するため、さまざまなチャレンジを続けること。こうして得た知識や経験をDNPグループへフィードバックし、グループ全体の成長につなげていくこと。それが新しく生まれ変わったDNPファインケミカルに課せられた“ミッション”なのです。

絶え間なく進化する化学業界では、今も新しい技術が次々と生まれ、国内外を問わずさまざまな企業がしのぎを削っています。その中で100年後、200年後も輝き続ける企業となるには、さらなるスピード意識とアクセス力、そしてチャレンジ精神が不可欠であると私たちは考えています。

技術をもって社会に貢献し、技術を通して未来とつながる。そんな企業を目指して、私たちはこれからも誠心誠意、努力してまいります。
どうか皆さまには変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社DNPファインケミカル

代表取締役社長

野 坂 良 樹